FC2ブログ
2019/06/03

3日坊主にならないように



晴耕雨読 を目指す 香豆舎 ですが、

今だ、雨の日も〝耕〟の方が多いのが玉に瑕です。


でも、昨日の日曜は久しぶりに畑をして本も読めました。




読んだのはこの2冊



51wXzYEQlcL__SX346_BO1,204,203,200_


51B8qX55TkL__SX340_BO1,204,203,200_



よく似た感じの本ですね~



何か疲れてるのかな…?




例の如く、

コレというページには織り込みを入れて

ココ というところは横線を入れる

なので、ふるほん市には出品できないのですが

学ぶこと、気づくことはたくさん書かれていました。



週明け月曜日

強く印象に残ってることだけでも実践していきたいと思います。

3日坊主にならないように











にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ









スポンサーサイト



2019/05/29

70歳のたしなみ



今日5月29日… 

2019年に入って149日目

今年もあと216日となりました(笑)




温度計2
アイスコーヒーの焙煎がメインになってきました…





少し前に香豆舎調べって事を書いたのですが、

業種によって5月は〝商売〟という意味で、

イマイチ盛り上がりに欠ける場合が増えています。

そんな5月も終盤に差し掛かり、

あぁ何とか今月も乗り切れた… と安堵しています。



6月は偶数月で年金も出ますので、

今、世を動かしている年金世代のご婦人方に

大いに動いて頂きたく思います。




それに反してちょっと元気がないかな? 男性陣




41yEbBYDluL__SX332_BO1,204,203,200_



70代というのは新しいゴールデンエイジらしいですよ!



6月16日の父の日には、

この本をプレゼントして父にはよりアクティブになってもらおうと考えています。










にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ
2019/05/13

ふるほん市情報




日曜日は一箱ふるほん市大門玉手箱でした。

好天… というより夏日で

今年も短い春が終わって夏が来た気がしました。


この初宮神社さんで開催のふるほん市ですが、

上半期最後は6月9日(日)で、下半期最初の9月8日(日)まで

開催はお休みになります。




初宮神社2



ただ、出張開催として「函館玉手箱」が8月17日(土)にあります。

涼しい北海道で、夏休みを兼ねて出店したい!

という方、出店条件は〝ふるほん持参〟という

低~いハードルですので、ご興味ある方は是非!




ふるほん市情報としては…




香豆舎 は、今月26日(日) 桜井等彌神社さんで開催のふるほん市

「とみやまさんぽ」

に出店します。



大門玉手箱が開催される奈良初宮神社さんは

こじんまりとしたお宮さんですが、

等彌神社さんは大きくて厳かな雰囲気のお宮さんです。

是非お参り頂きたいところでもあります。





他には、JR京終駅前で開催されていた(現在休止中)

ふるほん市 「京終玉手箱」 も秋から再開されるようです。


京終


今、駅舎がカフェになったりで注目エリアでの開催。

思うに、奈良きたまち が注目エリアになったように

この京終界隈も近い将来、奈良町自が南進する形で、

もっと注目エリアになるかもしれません。



デジタル全盛の今、

アナログ書籍が集まるふるほん市が

町起こしの起爆剤になるかもしれませんね









にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ




















2019/03/29

また必ず会おうと誰もが言った



このブログのカテゴリーに「本」というのがあることを

すっかり忘れていました💦

今回はオススメ本のご紹介です。



978-4-7631-3115-7.jpg


昨年映画化もしてたんですね。

知らなかった。



いつもふるほん市でお世話になっている

羊の本棚さん @hitsujinohondana から購入しました。



香豆舎 はどこで本を読むかというと

それは〝お風呂〟なのですが

身体が温まってウトウトすることも多々ある中

時間が経とうが、お湯が冷めようが、

あらためて気づき、再確認し、学び、時々うるうるし と

一気に読んでしまいました。


主人公は高校生なので、

本当はその世代が読むとより効果的だと思うのですが

齢を重ねていても全然OK

オススメです。






2018/01/20

西郷と大久保




本ネタです。


今年の大河 西郷どん

どうせ見るならその時代背景を知っときたい…

と、香豆舎文庫 の奥から引っ張り出してきたのがこちら



西郷と大久保


持ってたことを想い出せて良かったです。



司馬遼太郎 著 「竜馬がゆく」 は過去に読みましたが

幕末から維新にかけてのことは良く覚えてなくて

薩摩藩士の視点であらためて読んでみると

時代が変化するときは、数々のヒーローが出てくることが分かります。


ただ、ヒーローといっても、

後の世にようやくメジャーになるので、

当人たちはそう思ってなかったでしょうね。


西郷と大久保、竜馬…


今の世の中に足りない篤いものを感じました。








にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ