fc2ブログ
2021/06/01

コーヒー豆屋は夏に読む本の量が多くなる



さてさて6月に入りました。

これから9月中旬までの朝晩が暑い季節、

コーヒー豆屋は、比較的落ち着いたシーズンになります。



熱いコーヒーを飲む機会が少なくなるからなのですが、

こればかりは仕方がありません。


やっぱり朝一のコーヒーを飲む機会が少なるなるからなのでしょう。

コーヒー豆屋当人も、飲む杯数が少なくなるのですから…

いかに朝コーヒーの需要が多いか良く分かります。





corolle1





だったらアイスコーヒーがあるじゃない

とも良く言われるのですが、

レギュラーコーヒーがお好きな方は、

アイスコーヒーは余り召し上がらない傾向もあるのです。





珈琲4




そうか!夏に読む本の量が多くなるのは

仕事量と比例しているのだ…


次の日曜、一箱ふるほん市 「とみやまさんぽ」 で

また、イイ本見つけたいと思います。








スポンサーサイト



2021/04/07

ルワンダ中央銀行総裁日記


人の集まるところを出来るだけ避けている香豆舎ですが、

必要に迫られて、先日、久しぶりに本屋さんへ行きました。

そしたら面白そうなのが出てますやん



           「ルワンダ中央銀行総裁日記 」


ルワンダ中央銀行

                      服部 正也著 中公新書
  




ルワンダ… 行ったこともないけれど

何故かルワンダと聞くと応援したくなるのです。



それは、とても美味しいコーヒーを生産している国だから。



薄い知識ですが、この国は内戦でボロボロになりました。

ベルギーによる悪政植民地政策が原因ですが、

フツ族によるツチ族の大量虐殺は、犠牲者が100万人出たとも。

本当に悲しいお話です。



作者もお亡くなりになっている今、

本の内容的にはちょっと古い話かもしれません。


財政と国際収支の恒常的赤字の国を

民情に即して経済改革を遂行した日本人総裁の記録ですが、

現在、東アフリカの〝シンガポール〟とも言われてるルワンダ

その基礎を作った日本人、誇りに思います。










2020/10/12

ふるほん市企画妄想中



昨日は 一箱ふるほん市「大門玉手箱」 でした。

3月の開催はコロナでお休みしましたので

2020年初出店でした。



2玉手箱




いつもと変わらず、ゆる~くまったりした時間を過ごせました。

イベント出店で〝稼ぐ〟という方には向きませんが、

休日何もせず過ごすことを思えば、

自分の場合、誰かと会って話して、

ふるほん市なので、読書をしていても全く違和感がない

有意義な時間を過ごすことが出来ます。



あるかも3



来年度に完成の三宅町複合施設 「ミーモ」 でも

個人的にも、このふるほん市を企画したいと考えています。


こんなの売れる?


という読まなくなったお家に眠る本たち…

某買取店に行くと、グラム何円という代物でも、

欲しい人、探している人は不思議とおられます。


沢山の出店者が集まり

ふるほんを求めて沢山の人が集まる

楽しい企画にしたいなぁ…










にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ


2020/07/20

生き物の死にざま


16日にも書いたのですが

今年度は自ら命を絶つ人がいつもの10倍になる…


昨日から報道されている有名俳優の件

イやなことは当たらない方がもちろん良いのですが

でも、いきなりでした。


何度でも書きますが、

自ら命を捨てるのは、残された人に「迷惑」しかかけないし

自ら捨てて〝樂〟になった ってことなんか聞いたこともない



道は必ずある



この世の中に生まれてきたのは

何かしら意味があって、

だから生かされてる。


生かされている以上、必ず道もあり

生まれてきた使命が必ずある。





95990754_3013715615385947_3936991740497494016_n_convert_20200720104149.jpg




死にざまは色々あれど

自ら断つのは人間だけ。


食物連鎖の頂点にいる人間

他の生命の犠牲の上で生かされていることを

もっと自覚しないと…

せめてそのことを再確認したいと思います。













にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ



2020/07/13

腹六分で病気知らず



48年前というから干支が4回ですか…

1972年の今日7月13日も

日本中に集中豪雨の被害が出たようです。

記憶がないのは仕方ないけれど



やはり歴史は繰り返すんですね。



その頃と比べると、比較にならないくらいの

治水工事は施されたはずですが、

地球自身から見ると・・・


〝小手先のことばかりやってないでさ~〟


と、明らかに警鐘を鳴らしてくれている気がします。

根本的に自分たちの〝命〟を守ること考えた方がイイよ!


もっと根本的に


さてさてこの先、どうしたら良いのでしょうか。

思うに、「西洋医学」と「東洋医学」の違いに見て取れる気がします。

壊れた部分を修理する西洋医学

壊れないように日頃からメンテナンスする東洋医学


血圧高い とか 尿酸値が とか 糖尿 だとか

成人病と地球環境…

笑うほど似てる気がします。


海面温度が高くて異常気象 

偏西風の吹き方がおかしい

温暖化…



この地球を東洋医学的発想で治癒できないものか?



今回、色々書いていて

以前読んだ本のことを想い出しました。



51b7BOx-9RL__SX315_BO1,204,203,200_



タイトルが好きではなかったので

当時、ベストセラーでも見向きもしませんでしたが、

ご縁があったんでしょう

まわりまわって手元にやってきて読んだところ

これは素晴らしい!




健康のために腹八分目

腹六分で病気知らず

腹四分で神に近づく


という事です。

詳細は是非、古本屋さんとかでお安くなったの探してほしいです。



満腹状態の人間が多い今、

飢えている苦しんでいる人たちにお裾分けして

みんなが腹六分になれば

人も地球も病気知らず

になると思うのですが…










にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ