2017/05/25

久しぶりの本ネタ




今日は久しぶりの〝本ネタ〟です。





*患いにくい身体にする為に体質改善をする
*免疫力を上げるために何か努力をする
*血圧を下げたり血糖値を下げるために薬に頼る… などなど


世間で良く聞く話題ですが

無理して逆にストレスをためる方が身体には悪い気がします。


*体質改善には玄米食に切り替える
*免疫力を上げるには身体を冷やさない
*血圧は実年齢+110までは大丈夫。糖は脳のエネルギー
(加齢で血管が堅くなっているから血圧を上げて血液を送っているから)


病んだ時はお医者さんにかかったほうが良いですし

処方された薬も飲んで良い と思います。



だけど



「病は気から」 という ことわざは 真実で、

大丈夫! と思えたなら本当に大丈夫。

「手当て」 はお母さんが子供の身体に手を当てるだけで症状が緩和する。

気が休まるから、安心するから楽になる


だから手当て。


こういう昔からの民間治療的なモノをもっと有効利用しないと…

お医者さんや薬が駄目というわけではないのですが、過信も良くない。


それは 「手当て」の方法がマニュアル化されている


という事実が一番恐ろしいんですね。

人それぞれ違うのに、マニュアル一律で処置されても…

でもマニュアル通り処置しないと、

何かあった時に保身出来ないらしいのです。



豆屋が何故突然こんなことを書くかといいますと

身内に癌患者がおりまして

この本をプレゼントしたのです。


510Fo4t_SOL__SX343_BO1,204,203,200_


「病にかかると病院で治療」

今までこの選択肢しか自分には存在しませんでした。

でも…

『お医者さんにかからない、もしくはかかっても最低限』

こういう選択肢もあったんだ!

と気づかされたからです。


ご興味ある方一読オススメです。







にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ



スポンサーサイト
2017/04/10

なんと46年前





乱雑に積み上げていた珈琲関連の本たちを整理しました。

やればできるじゃないの(笑)


珈琲文庫


珈琲教室などで参考にする記事が掲載されているものを

すぐ手にとれるところへ配置。


そうしたらこんな1冊が…



「コーヒー入門」 佐藤哲也著 カラーブックス

珈琲文庫1


ふるほん市で仕入れた1冊

1971年発行という超懐かしい本でした。

なんと46年前っ!

販売価格は¥460 とありました。

当時の価格としてはまずまずな値段かと。


これは値打ちがあるかもと、

amazon で検索してみたら…


¥90~ 


きっ きゅうじゅうえんっ てか

まぁ値段ではないのです。

温故知新 という意味でとても貴重な1冊。

香豆舎文庫の重鎮としてこれからも大切にしたいと思います。







にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ




2017/01/13

雪見珈琲




明日は王寺町珈琲講座の初日

雪が積もるかもしれない という予報が出ていますが

大丈夫かな?


確か3年前だったと思うのですが、大雪が降って奈良も雪国になりました。

「雪見珈琲」 は美味しかったけれど

明日はここまで積もらないで欲しいです…


CAIBJLX9_convert_20140214101832.jpg




普段開催している1回だけの 珈琲教室 とは異なり、

今回は 講座 なので3回受講して頂きます。

そこでお話しする何か新しい〝ネタ〟が見つかるかも と

本屋さんでコーヒーネタ本を物色していたら…



coffee4beginners2017268.jpg
自宅で淹れる 珈琲 for Beginners  晋遊舎 刊




128アイテム という見出しにひかれて

思わず衝動買いです。


日本はホントたくさんの抽出器具をはじめ

珈琲関連グッズがありますね。

講座でも役立つかもしれないので明日は持参しようかな…

楽しく拝見しました。


皆様、立ち読みで終わらずに是非ご購入くださいね(笑)










にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ


2017/01/10

戎・恵比寿・蛭子…



今日は「えべっさん」ですね。

商売繁盛祈願の日ですが、何故1月10日なのか? と

ふっと思ったので調べてみました。


どうも えびす様と〝同一〟と言われている 事代主命(ことしろぬし)の生まれた日が

1月10日だからだとか…。



ナルホド



クリスマスみたいなものなんですね。

でも同一って何よ?

ということで、またまた疑問が…



戎・恵比寿・蛭子…



本家西宮神社の祭神えびす様は 蛭子(えびす/ひるこ) で

こちらはイザナミ・イザナギの神のお子です。

そして今宮の戎神社の祭神は事代主命(ことしろぬし)で、

こちらは大国主神のお子です。

他には少彦名神(すくなひこな)をお祭りしているところもあって

この少彦名は大国主と一緒に葦原中国(あしはらのなかつくに)

つまり地上界を治めるために大国主のお手伝いをした神様。



皆、記紀に登場する神様ばかり。

面白い!



って思う人はきっと数少ないのでしょうね(笑)

えべっさん蘊蓄は良いから、ちゃんとお礼かたがたお参りしないといけません。




直接、えべっさんのことが書いてあるわけではありませんが、

ふるほんで仕入れて、面白く一気に読んだのがこちら


古代史
「古代史の秘密を握る人たち」
―封印された「歴史の闇」に迫る  関祐二著 PHP文庫 


邪馬台国、卑弥呼、聖徳太子、蘇我入鹿、聖武天皇…


奈良に因んだお話ばかりで

個人的にオススメです。



今日は珈琲ネタの内容もなく

えべっさんからもえらく脱線してしまいました。







にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ











2016/11/30

古代史のススメ



久しぶりの本ネタです。

春秋は外カフェ出店や珈琲教室開催のご依頼で

ゆっくり本屋めぐりをする時間もままありませんので

家にある在庫を読みなおす 

ということになってしまいます。



今、読みなおしている本のひとつが…

「古代史の真相」 黒岩重吾 著 PHP文庫


古代史の真相


きっと古代史には興味が無い方の方が多い

と思うのですが、

奈良に長年住んでいると、知っておいたほうがきっと役立つ

そんな動機からちょっとずつ色んな関連本を読み出して

今は結構ハマっています。



良くパワースポット云々と言われます。

例えば○○のお願いはどこどこのお宮さん という風に

神社参りはするけれど

主祭神まで知ることはなかなかないと思います。


その主祭神さま…


古代史には不可欠な記紀(古事記・日本書紀)に登場されている事が

非常に多いのです。


もうすぐ初詣に行きますよね。

その時、お参りする神社の神様が

どんな神様で、どういう経歴でどういうジャンルがお得意なのか…

予習してからお参りする方が、

きっとご利益あるように思えて仕方ありません。



そして並行して読んでいるのが

「物部氏の正体」 関祐二 著 新潮文庫


物部氏の正体


日本で一番神格が高いといわれる伊勢神宮の主祭神

アマテラスオオミカミ

こちらもパワースポット中のパワースポットです。


このアマテラスの弟スサノオとその子孫オオクニヌシノミコトが

地上界を平定したのち

天界のアマテラスに国譲りして降臨してきたのがニニギノミコト

その子孫がカムヤマトイワレビコノミコトの神武天皇。

神武が九州から東征してヤマトへ入ろうとしたら

既に天界から降臨していたニギハヤヒノミコトという神がいた!

そのニギハヤヒこそ物部氏だったのでは? 


自分の中では犯人の分からないミステリー小説を

読んでいる感覚にさせてくれるのが古代史だったりします。


今年の冬至まであと少しですが、

日没が一番早いのは今の時期だそうです。

冬の夜長、答えが未だ見つからない古代史

読んでみるのはいかがでしょうか…







にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ