FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

香豆舎日記

豆屋の毎日
  アメリカンコーヒーを考える

アメリカンコーヒーといえばいわゆる〝薄い(軽い)味のコーヒー〟
正式名称は 『アメリカン・ロースト・コーヒー』 と呼ぶそうです。

本国アメリカでのコーヒーの一般的な淹れ方が、浅煎り豆を粗挽きにして多めの量を落とすことから
その味を再現して日本でメニュー化したものが、アメリカンコーヒー 
バリバリの和製メニューです。なので、アメリカで「アメリカン」とオーダーすると ???顔をされてしまいます。

ところで、このアメリカンコーヒー…

①浅煎り豆を粗挽きにして多めの量を落とした薄い(軽い)味のコーヒー
②ブレンドコーヒーをお湯で薄めた薄い(軽い)味のコーヒー
                              いったいどちらが本物なのでしょうか?

アメリカン登場の歴史をみると 〝浅煎り豆を粗挽き〟 が本物っぽいですが、
マシンでコーヒーを提供されているお店の〝アメリカン〟や〝アメリカ-ノ〟の場合、
ほとんどのお店はお湯割りしています。

それを考えると…

要は、〝薄い(軽い)味のコーヒー〟 が、アメリカンコーヒー で、どちらが正解か? という事を
取り上げる方が邪道なのかも知れません

豆屋の見解はというと

『コーヒーに憑(つ)かれた男たち』 嶋中 労 著(中央公論新社)
で語られている内容が正論と考えています。

CALFOAHT.jpg

要約すると…

『ドイツのプロパット社製焙煎機 といえば、車で言う ベンツ とも呼ぶべき世界的な名機。
日本にそのプロパットを導入して日本人担当が焙煎、ドイツ人技師に煎りあがったコーヒー豆を
誇らしげに差し出すと、ドイツ人技師は困惑した表情を浮かべながら…

「生だ生だ… こいつは生だよ」

ドイツ人技師に差し出したコーヒー豆は、当然〝生〟ではなかったのだが…

コーヒー豆は、ある程度ロースト(焙煎)しないと十分に膨らまず、膨らまなければコーヒー本来の
香味も出てこない。
深煎りコーヒーを見慣れたドイツ人技師には、生焼けに映るほど浅煎りに思えた… 』

コーヒーは、香味を最大限に醸し出すポイントというものがあって、
そのポイントは決して浅煎りではありません。

この事を考えると、日本のアメリカン登場の歴史には反しますが、〝浅煎り豆を粗挽き〟したコーヒーは自分では
お出ししない 事が良いと考えています。

最近は、日本人にもスタンダードコーヒーの味覚基準が出来て、何が美味しい、何がそうでない という
感覚が定着してきているように思います。

とても良い傾向です!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
2010.03.30.Tue 16:31 | 日記 | trackback(0) | comment(0)






<< 2010.03 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2017年03月(4)
2017年02月(14)
2017年01月(12)
2016年12月(17)
2016年11月(15)
2016年10月(12)
2016年09月(15)
2016年08月(9)
2016年07月(17)
2016年06月(20)
2016年05月(16)
2016年04月(17)
2016年03月(14)
2016年02月(9)
2016年01月(18)
2015年12月(19)
2015年11月(19)
2015年10月(20)
2015年09月(14)
2015年08月(21)
2015年07月(23)
2015年06月(19)
2015年05月(20)
2015年04月(24)
2015年03月(19)
2015年02月(19)
2015年01月(19)
2014年12月(22)
2014年11月(24)
2014年10月(24)
2014年09月(25)
2014年08月(27)
2014年07月(24)
2014年06月(26)
2014年05月(31)
2014年04月(25)
2014年03月(27)
2014年02月(24)
2014年01月(24)
2013年12月(19)
2013年11月(24)
2013年10月(32)
2013年09月(22)
2013年08月(25)
2013年07月(29)
2013年06月(30)
2013年05月(32)
2013年04月(31)
2013年03月(31)
2013年02月(27)
2013年01月(27)
2012年12月(32)
2012年11月(31)
2012年10月(31)
2012年09月(31)
2012年08月(31)
2012年07月(31)
2012年06月(29)
2012年05月(31)
2012年04月(26)
2012年03月(27)
2012年02月(30)
2012年01月(29)
2011年12月(26)
2011年11月(32)
2011年10月(18)
2011年09月(22)
2011年08月(22)
2011年07月(31)
2011年06月(21)
2011年05月(25)
2011年04月(28)
2011年03月(33)
2011年02月(20)
2011年01月(18)
2010年12月(20)
2010年11月(23)
2010年10月(25)
2010年09月(18)
2010年08月(16)
2010年07月(21)
2010年06月(16)
2010年05月(13)
2010年04月(21)
2010年03月(17)
2010年02月(14)
2010年01月(8)
2009年12月(3)
2009年11月(7)
2009年10月(10)
2009年09月(12)
2009年08月(2)
2009年07月(8)
2009年06月(11)
2009年05月(8)
2009年04月(1)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
香豆舎ホームページ
香豆舎 珈琲豆のご注文 (カート)
香豆舎フェイスブック
SCAJ
工場跡事務室
Cafe OMO屋
酒蔵の文具とカフェ 文晃堂
Cafe' AZITO 海辺のカフェ
EDEN the garden
Kinco-ya Cafe'
シン木工舎と雑貨トントンのブログ
sadacoro
Cafe' tuBU
Fairytale   …  beads accessorie
グラスマリーカレーショップ
森のレストラン アーチ
デリカフェ びぃぼ
まちのカフェ VIVO (ヴィボ)
カフェ ジユク
TailTail -zakka&cafe-
喫茶いつここ
小さなcafe こもれびのした
ミジンコブンコ
ことのまあかり
フルコト
ヒルトコカフェ
時代意匠考案 藍寧舎
宇宙椅子 cosmic re-chair
まさら庵TAKUMI
映山紅(山添村観光協会)
山添村めえめえ牧場
郵便名柄館 tegami-cafe'
PAN CAFE ハルソラ
Pauole Nara
ホームメイドスイーツ あゆみ工房
こまめ焼菓子店
焼菓子03g
Hyro Commu
Cafe' more green
cocori
M's Kitchen
野狐庵~ごはんとカフェ~
Cafe' Nebooca
太陽とごはん
Cafe' ひそひそ
Cafe&Bar WOOD STOCK
Cafe 梛の森
おひさん自然農園
OMO舵マーケット
Yammy-kitchen
パン工房マツダ(奈良県てをつなぐ育成会)
森の時間
tomoshiki
monPanier
大門玉手箱
k-coffee
Makana*bombonお料理とパンの教室
空想Cafe 日ごろ景色
ひかる日記
すぃーとわたちゃん
つれづれなる日々
ならこのそんなこんな
わをん園
羊の本棚
楽木 「ぼん」のブログ
1010mama
Keshigomu hanko Mikkin
グリーン+ガーデン タマンサリ
hemokoの消しゴムはんこと布雑貨
璃音のクリスタルボウル
庄田自動車スタッフのリレー日記
寺田農園
PROFILE

豆屋豆吉
煎りたて豆を焙煎工房から直接お手元にお届けしている珈琲豆屋です。販売店は構えておりません。1杯のカップコーヒーで非日常の時間を愉しんで頂きたい…
奈良の珈琲豆屋が日々のこと、珈琲の事 綴ってます。