fc2ブログ
2012/12/11

1300年後

久しぶりの「本」ネタです。

今年は、古事記編纂1300年ということもあって

古代史関連の本を読むことが多かったのですが、

夕べ読み終えたのが、関祐二著 「藤原氏の正体」


せきゆうじ


論評が出来るほど古代史に詳しくはないのですが、

ここのところはすっかり入り込んで、

他にも「蘇我氏の正体」 「物部氏の正体」 も合わせて一気に読みました。



何故か、読んでいる時に頭の中に流れてくる歌が…

まほろば さだまさし 

1980年の東大寺大仏殿昭和大修理落慶法要の時に行われた

さださんのコンサートで、最後だったかな? 歌われた曲です。

生まれて初めて行った大きなライブだったので、余計にインパクトが強く

印象に残っている 「奈良の歌」です。



歌詞に

「例えば君は待つと黒髪に霜のふる迄、待てると云ったがそれは まるで宛名の無い手紙…」

「例えばここで死ねると叫んだ君の言葉は、必ず嘘ではない けれど必ず本当でもない… 」

というのがあります。



窓の外からは、選挙運動中で投票を呼び掛ける街宣車の大きな音が。

國を想うのか、地位や権力が目的か…



曲の最後に

「日は昇り日は沈み振り向けば何もかも移ろい去って、あおによし平城山の空に満月」


どんなことがあっても、時だけは流れて行くんですよね。

今から1300年後に、今の日本がどうなっていくのか書かれた本を

読めるものなら読んでみたくて仕方ない心境になりました。













にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト