2012/08/21

ほどほどの濃さ

飲み物を中心に濃い味の商品が増えてますよね。

味の嗜好もその時々で変わって良いのですが、


今、珈琲の 濃淡 はどういう傾向なのでしょうか?


確かに、ミルク・砂糖を入れずに、ストレートでお飲みになる方が増え続けています。

アイスコーヒーでもそうですね。

という事は、薄いのは駄目、濃過ぎるのも駄目。

ほどほどの 濃さ が今の嗜好傾向なのでしょうか?


でも、ほどほどって一番難しいですね


珈琲の味わいは、焙煎度合いで変わります。

なので、ひと昔前の珈琲解説書にある…

「モカ」は酸味の珈琲、「マンデリン」は苦味の珈琲 という解説でも、

モカを深煎りすれば苦く、マンデリンを浅煎りすると酸味が出ます。



焙煎の途中に抜き取ってみると…

煎り方
それぞれで味わいが全く違います。



「豆」は、それぞれの個性や香味を充分に醸し出す 焙煎ポイント があって

浅く煎った方が良い豆と、深く煎った方が良い豆 と色々です。

カッピングを経て、一番おいしいポイントで煎り止めしています。


薄いのは駄目、濃過ぎるのも駄目 


ほどほどの香味を愉しむ時は…

幅広く豆の挽き目(粗さ)調整出来るタイプのミルで、

挽き目を変えて、ご自分のベストポイントを模索してください。

これできっと大丈夫















にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

挽き目は難しいですね、確かに。
一般的には「グラニュー糖くらい」がいいらしいですが、私もミルの挽き目の調整には迷いました。
ネジをひとつ回すだけで結構変わるような気がしますし、淹れてみないとそれで良いのかどうか解らない。
ひとつ前のと比べてどうなのかもはっきりしないし…。
そろそろ洗いたいのですが、今の状態を復元するのも面倒なのでダラダラ使っています。
ま、「美味い」と感じるのでいいかなと。
コーヒーがそんなに好きというわけではない母も『美味しい』と言ってブラックで飲んでいました。

いつもどうもです。

がんさん いつもコメントありがとうございます。

確かに挽き目は難しいですね。
グラニュー糖くらいというのは正解なのですが、
自分の場合は、それよりもう少し粗めにしています。
要は、出来上がりの液体が飲む人にとって美味しく感じるかどうか
ということでしょうね。

美味しく淹れられたと感じた時は、お母様にもお供えしてあげてくださいませ。