2012/09/25

コーヒーの鬼が行く

少し前にもご紹介しましたが、珈琲に関する本、

「珈琲に憑かれた男達」 「珈琲の鬼が行く」  
共に 嶋中労 著 中公文庫 

前者は以前読み、後者は夕べ読み終えました。

朝、目覚めてもテンションが高いままなのです。


いや~ 珈琲に携わる者には読みごたえある本でした。


珈琲にハマる と言うレベルはとうに超え、「憑かれて鬼になる」 と言うレベルまで

のめり込ませる 一杯の珈琲…



「口に含めば香ばしい香りが体中にしみわたり、砂糖を入れずとも
とろりとした甘味が感じられる。
もちろん、苦味、酸味もバランス良く舌を刺激して、
からみつくようなしつこい味は一切ない。すっきりとした味なのだ。
飲んだ後には、爽快感と高揚感が残り、更にもう1杯飲みたくなる…」

「色はあくまで澄んだ深紅、赤いセロハンを幾重にも重ね、
ついには赤い色の命を失う寸前の色」

このような珈琲を理想として求め続けた、まさに職人のお話。


珈琲の鬼が行く


サービス業と言う大きなくくりの中にある 珈琲屋 は、

お客さんに満足してもらう事を目指します。

良く言われる ホスピタリティ、顧客満足度を高める努力も

ここまで 味 だけに特化して求め続け、その行動がお客さんにまで伝われば

味以外のその他の事が少々疎かになったりしても許してもらえる。

そんな気がします。

もちろん、それを補って余りある商品でなければいけないけれど…


香豆舎 がここまでか?と自問自答したらとても自信はありません。

しかし、それではいけない!

この本は、自分への戒めにする愛読書のひとつにしようと思います。


珈琲にご興味のない方でも、何かを突き詰めるようとされている方には

オススメの本です。














にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

私は全ての職業がサービス業だと思っています。
どの道であろうとプロは皆そうなんじゃないでしょうか。
私のようなソフトウエアエンジニアでも「動きゃいい」ってもんじゃなくて、気配りというか、客の期待を超える気の利いた作品を作ることを常に目指さなければならないと思っています。
なんて言いながら、自分がそういう結果を出せているか反省もしなければいけませんけどね。

No title

がんさん ありがとうございます。

そうですね。
報酬の多い少ないは別に、「仕事」をするうえでは
みんなプロ意識を持って取り組まなければいけないですよね…

自分も反省することばかりです。