2012/10/04

勝ちに不思議の勝ちあり

昨日の新聞のコラムより...

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」

松浦静山 と言う剣の達人の言葉。


ナルホド


仕事柄、良く聞くお話の中に…

「仕込みをするのに手を抜かない」 であるとか、

「商品提供をきちんとする」 といった 当たり前な事を当たり前にする

これらはお客様に伝わるよ…

それに、ノーゲストの時に、掃除したり窓拭きしたりすると不思議とお客様が来店されるから

と言うことを良く聞きます。


少しくらい手を抜ける部分でも手を抜かない!と意識して仕事をする。

手抜きと合理化は違う。 要は、「ちゃんとする」

そんな些細なことを意識して守ると、知らないうちに結果がで始める。


勝ちに不思議の勝ちあり


不思議のうちに勝ちと思っていても、その不思議にはきっと裏付けがあるはずで

それが ちゃんとする こと なのでしょうね。



決して負ける事が悪いわけではなくて、

不思議の負けがない と言う言葉どおり、負けの場合何らかの原因とか理由があって、

謙虚にそれを分析を繰り返すことで、ちゃんとし始めるようになる。


負け を少なくしていく。


あの世界のイチローも、「スランプはある」 と言っているし

「要は、スランプの期間をいかに短く済ませるかが問題」 とも言っています。

結果を出そうとしての取り組みを持つかどうかが肝心。


でも、こういう意識しても、達人の域まで達するのはなかなかです。

だけど、目標として持っておかないと駄目だし、意識して毎日過ごさないといけない。

そんな事を新聞のコラムで再確認させてもらいました。













にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

仕事にかまけて…

『忙しい』という言葉は使いたくないのですが…
ご無沙汰しております。

こうしてたまに覗かせて頂くと、良い刺激になります。

◎当たり前なことを 当たり前にする
◎意識して仕事をする
◎ちゃんとする

肝に銘じますe-466  

No title

あゆみ工房様

いつもありがとうございます。
こうやってブログに書くという事は、自分にプレッシャーを与える事にもなってます。
勤め人ではないので、さぼっても誰にも叱られませんが、そのしっぺ返しの大きさを考えると
時々、反省したり顧みたりしないといけないと思っています。
偉そうに記事書いても、反省しきりです。