2012/12/27

古代史と初詣

年末年始用の珈琲をお届けの途中

ふっと見ると前方に三輪のお山が綺麗に見えました。

大神神社は、お山自身がのご神体の大和国一之宮です。


三輪山遠望1


主祭神は 大物主大神

蛇の姿に変えて、奥さまであられる

倭迹迹日百襲姫命(やまとととびももそひめのみこと) に

会いに通われていた という古い伝えから 巳 にまつわる神様です。


来る年は 巳年


初詣はえらいことになりそうですね。

「今年もよろしくお願いいたします。」 の初詣に行く前に

ちょうどこのイイ機会、

「今年も1年ありがとうございました。」

「来る年もよろしくお願いいたします。」 とフライング。

年末の際でもなく、年始早々で人が押し寄せることもない

この時期が、一番色々と聞き入れて頂けそうな気がました。


奈良は、古代史にまつわるお宮さんが多く、

「記紀」の中身をちょっとだけ知ってお参りに行くと、

また格別な感じがします。

このお正月休みは、三輪の神様が ヤマト に来られた経緯など

ちょっと調べてから詣でてみてはいかがでしょうか?

古代史にハマる人が出てくるかもしれませんよ…












にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント