2013/01/12

因果応報

昨日、小耳にはさんだ捨て犬の話なのですが、

今まではよく 子犬 が捨てられてあって、

何とかかんとか保健所に行く前に飼い主が決まっていたという記憶があります。

でも、今回の捨て犬は 「老犬」 だったそうです。


目はほとんど見えない状態で、足腰も弱っている老犬

見つけた人は、道路沿いの側溝へ落ちていたのを拾い上げて

ご飯を食べさせてくれたようです。


首輪が付いていたのに、飼い主は特定できず、

見つけた場所を考えても、犬の弱りようを見ても

絶対に 迷い犬 ではなかったそうです。


数日間様子を見ながら飼い主を捜したけれども現れる訳もなく

結局、保健所に引き取られて行ったそうです。



やりきれません。




うちにも今年18歳になるメスの愛老犬がいます。

実は、この子も捨て犬でした。

ラン


目も悪く、足腰も弱ってしまって、今年1年どうだろう? と心配しています。

長い年月、癒し続けてくれている家族の一員です。


老いてしまったとはいえ、捨てるなんて普通の人間なら考えられません。

ワンちゃんだけじゃなく、色んなペットも捨てられていると聞きますが、

捨てるなら、初めから飼うなよ!




飼うことを放棄した元飼い主!

因果応報

あんたも老いぼれたら同じ目に会えばいい!




キツイ表現でスイマセン

どんな理由があるにせよ、許せなかったので…










にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

私も、もうすぐ6歳になるチワワ犬2頭と暮らしてますが、
捨て犬の話を聞く度に、やりきれない思いがします。

ところで、犬を飼いたいと思っている方、既に飼っている方、
更に言えば、これから「犬を捨てたい方々」に、ぜひ一度読んでいただきたい書籍があります。

http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=11936

今回の香豆舎さんのブログでお聞きした話も、いわば反面教師だと思いましょう。

ありがとうございます。

なかはらさん いつもどうもです。
今年もよろしくお願いします。

なかなか良い本のご紹介ありがとうございます。
いつか、本当にいつか、ツケが人間に回ってきますよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

老犬の捨て犬のおはなし、やりきれないですね。
でも、もしかして、もしかして、飼い主もひとりぼっちの老人でご自身の体力、寿命など考える出来事があって、頼る手立ても思いつかず「いい人にひろわれろよ。」と施設に入所、病院に入院前に手放した・・・かも・・・。なんてドラマの見すぎでしょうか~i-229
余計悲しすぎます・・・か・・。
でも、そういう状況しか考えられません。
おっしゃるように、捨てるのは考えられません。

寂しさをまぎらすため犬を飼っていてよく散歩させている一人住まいのおじいちゃんと、ウォーキングのときに出会います。久しく見かけないととっても気になります。

No title

てのりぱんださん 今年もよろしくお願いします。

コメント頂いたように、もしかして、もしかしてなら仕方ないかもしれません…

愛犬家の方は、飼い方次第で寿命が変わると言われていて、
まさしくその通りだと思います。
せめて天寿を全うさせてあげたいですね。

Re: No title

あおはちさん いつもコメントありがとうございます。

自分の場合、例えばホームセンターなどのペットコーナーへは行かないんです。
もし、行き先が決まらなかったら??? と考えてしまうからです。
それに販売商品化しているから、他の商品と同じで、
ペットたちが流行りとか言葉が悪いですが賞味期限的な扱いになっている気がして仕方ありません。

幼い子たちが動物が好きになるきっかけが動物園に行く事なら、
保健所で殺処分される現実のお話も教える必要があると思うのですが…

悲しい現実ですね。

> そうなんです、最近保健所や愛護センターに持ち込まれる犬って子犬よりも老犬が多いんですよ・・・。
> 獣医学がどんどん進歩したり、ペットフードが昔に比べて格段に良くなって来ているので、昔より断然犬が長生き出来る環境が整ってきているのに・・・。
> 格差社会と言われる昨今ですが、人間よりも犬の方が格差が広がっている様に思います。
> しかも、犬は人間と違って飼い主に寄って命の長さが決まりますから。
> モラルの低下、本当に悲しいです・・・。