2013/03/12

カンフル剤

「弐十手物語」 というコミック ご存知ですか?

その昔、週刊ポストに連載されていたマンガです。

全110巻あって、今 久しぶりに読み返しています。


316028YTTTL__AA160_.jpg


基本、人情物語なのですが、

ちょっとエッチなシーンもあり、家で読んでると…

「いやらし~」 と白い目で見られがちなのです。


自分としては、情に厚い主人公 菊池鶴次郎 が、

何事にも本気で向き合い、「生きる」 ことに対して発する言葉が好きで

愛読していました。


ちょっと行き詰ったり、気持ちがなえたりしたときには

ちょうど良いカンフル剤なのです。



例えばこんな感じの言葉を、罪人に投げかけ悟らせたり…

75593_422010751226996_1766949836_n.jpg
超おもしろ画像集より


「歩」 という字は、少し止まる って書く。

前向きに歩いて行く時に、立ち止まらないといけないことがあっても

それも歩いている事なんだよ…  みたいな


フッと気持ちが楽になるようなことを語ってくれるんですね。


コミックカフェのようなところに行くと、必ず置いてあるはず。

機会があれば是非読んで見てください。












にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント