2013/06/20

元気の素

本日の最高気温22℃

外出時は、ちょっと肌寒いくらいで、体調崩しそうになりますね。

珈琲豆を焙煎している時は、物凄く暑いので、

余計に温度差を感じます。


辟咏・讖歙convert_20130620202634

珈琲を煎る…

焙煎が進む(釜の温度が上がる)と、豆の方から

「ぼちぼちスタンバってや~」 

とか

「そろそろやで~」

と、サインを出してくれます。

そうしたら、神経を集中させて、煎り上がりのポイントを何度も確認します。

なので、ホント 体力消耗します。

繧ケ繝励Φ・胆convert_20130620194819


そして、この瞬間がたまりません…

緊張の一瞬。

繧ケ繝励Φ_convert_20130620194926

陶芸家の皆さんが窯出しする時と同じかもしれません。



思いどおりに煎り上がると、

珈琲に携わって良かったわぁ と実感できます。

そして、ホントは2~3日後が飲みごろなのですが

味見味見~ と煎り上がりを、すぐにカップするのです。


豆屋冥利っ!


疲れていても

珈琲POWERで不思議と元気復活です。

珈琲発見当初は、その薬効で〝秘薬〟とされていたことがうなずけます。


















にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント