2013/07/03

予想はしていたものの

少し前のお話しなのですが…


奈良で唯一のフルマラソン 「奈良マラソン2013」 の

申し込み結果が来ました。

予想はしていたものの、結果を見てやはりがっかりしました。


邨先棡_convert_20130703071402


大仏マラソンの時から、ず~っとエントリーし続けていたのですが…。

ここに来て、日頃の行いの悪さが出てしまいました



毎年、ちょっとハードルを上げた目標を持って取り組むこと を

自分自身に課してきましたが、

フルマラソンが駄目なら、さぁ 何をするか? 


で、今、考えているのは、自分が走れないなら、

ランナーに、半端なく元気づいてもらえる私設応援

なんてのはどうかなぁ…



昨年は、〝甘甘カフェオレ〟 を30km付近で用意したんですよね。

しかし、飲み物や食べ物は、用意する数に限界があるし…

カフェオレ


やはり、一番印象に残る応援と言えばコレでしょう

きようしろう

忌野 清志郎さんもどき

この人 最高!

きっと今年もこの姿で、応援してくれているんでしょう。


記憶に残る私設応援


何か考えようと思います。















にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

マラソン大会参加の抽選、残念でしたね。

私はマラソン大会に参加したことありませんけど
いわゆる市民マラソン大会なのに、参加人数に制限を設けてるのは、
参加人数が多いとそんなに想定外になってしまうのでしょうか…。
不思議な感じがします

ところで、記憶に残る私設応援を考えてみる…とのことですが、
応援とは少しニュアンスが違うと思いますし、単なる思いつきですが
マラソン大会後の「ゴミ回収」のボランティアという形での私設応援なんてのは、どうでしょう?
42.195km全てのゴミを回収となると、個人レベルでは大変ですが…

今朝(7月4日)の産経新聞朝刊の談話室に載っていた読者からの投稿で読みましたが、
奈良マラソンでは、コース上に落ちているゴミを回収しながら走る
ゼッケンを付けたランナーさんも居てたそうですね☆彡
こういうニュースこそ、写真付きで大々的に報道されたらイイのにね…と思ってしまいます☆彡

No title

中原さん いつもどうも

マラソンコースを試走する時、いつも思うのがごみの多さです。
県外からの参加者さんなどは、一体どう思って走っておられるのか…

ここのところお休みしていますが、実は、ランプという走る会があって
ランニングに、金ハサミとゴミ袋を持って、ゴミ拾いしながら走ってます。
ゴミ回収ボランティアは、世の中にたくさんおられますが、
それ以上に、ゴミを捨てる人が多いのでおっつきません。

世の中がおかしくなってるのは、そういう小さな悪事が悪事で無くなってる
そんなところが根本なんでしょうね。

No title

どうもです

既に「ゴミ回収ボランティア」を実行されてたんですね。

頭が下がります。

マラソン大会も、そんなにゴミが多いとは…。


> 世の中がおかしくなってるのは、そういう小さな悪事が悪事で無くなってる
> そんなところが根本なんでしょうね。

少し私事になりますけど…私は現在、清掃業のアルバイトをしていて
大阪梅田の高層のオフィスビルで、深夜に各テナントさんのゴミを回収したりします。

テナントさんの企業名は書けませんが、国内の一部上場企業とか外資系とか
世界的な一流企業のオフィスばかりです。

回収してると、ほんとにゴミの量が多くて…最近は慣れましたけど
ゴミの減量とか削減云々よりも、ゴミの分別すらしてないケースが圧倒的に多いです。

「清掃業者さんが回収も処理もしてくれるんやから、それでええやん!」って感じです。

清掃業って世間様からは、ホント軽く思われてるんだなーと…。

もし、清掃業者がこの世の中に存在しなかったら、
このテナントさん達、自力でゴミ処理出来るんかいな?なんて、思うことも…。

しかしながら、深夜に清掃作業している時、遅くまで残業をされているテナントさんの
従業員さんとすれ違った時など、「いつもご苦労様です」と
声をかけて下さる方も少なからずいたりして、
それはせめてもの救いなのだろうと…信じる様にしてます(^_^;)

No title

知人にゴミのことを 「護美」 と必ず書く人がいます。
各人が、こういう意識を持てたらイイですね。

>清掃業って世間様からは、ホント軽く思われてるんだなーと…。

職業に貴賎はないと思っていますが、
意識しない部分で、格付けをしているんでしょうね。
日頃、政治家のことを良く言わないのに、冠婚葬祭などでは、
議員の名前を欲したり…

周りの意識を変えるのは無理なので、
どんな仕事でも、自身がプロ意識を持って取り組んで、
周りの目を変えていくしかないんでしょうね。
「おくりびと」みたいに。

No title

映画「おくりびと」は、私は見たこと無いのですが…
以前から観てみたいと思っていた映画です。

> 周りの意識を変えるのは無理なので、
> プロ意識を持って取り組んで…

そうですね。
他人や周りにどう思われるか、よりも
自分が、どう感じて、どう思ったから行動するか?が重要だね、と再確認☆彡