2013/12/06

落ち葉拾いで思うこと。

ここのところ、香豆舎工房 へ来る度、

流石は師走だなぁ と思わされます。


それは、工房にある 柿の木 と 木蓮 の落ち葉が半端ないくらい

散っているからです。

CAPR32RU_convert_20131206123637.jpg
あっという間に45Lゴミ袋は一杯になります。


2012_0220_102037-CIMG0117_convert_20120220112249_20131206125021f6f.jpg
こちらは新春の木蓮の新芽


落ち葉拾いは大変なのですが、

フッと思ったのが、何の手入れもしてあげていないのに

良くまぁこれだけの葉を茂らせる、そのパワーが凄い! ということ。


黙って一生懸命生きてる、その過程のひとつが 枯れ葉を落とすこと。

ゴミと考えるのはどうなの?


今はそんなことする人いませんが、

例えば 松の枯れ葉は、良く燃えるので、かまどの火起しに使ってたんですよね。


せめて、枯れ葉で焼き芋でもしようかな…。

悲しいかな、今はそんなことしたら怒られますね。
















にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント