2013/12/24

つらすぎます

ブログ記事を書く…

というより何をするにも力が入りません。

私ごとで恐縮ですが


愛犬が天国に旅立ちました。


享年20歳。

大往生だったと納得することで、悲しい気持ちを紛らわしたいのですが、

いかんせん20年という時は、たくさんの想い出もあり、

今、辛さがボディーブローのように効いてきています。


亡くなる前の数ヶ月は、自力では立てなくて要介護状態。

その時々は大変でしたが、今想えばそれすら家族を介護疲れさせて、

居なくなってからの悲しみを半減さそうとしていた気がします。


愛犬は、メスの雑種。捨て犬でした。

オスは早くに引き取り手がありましたが、

彼女は、今日引き取り手がなければ保健所行きという子でした。


そんな彼女でしたが、来てからどれだけ我々を癒し助けてくれたか。

人間の言葉を発しないだけで、我々の会話を理解していた彼女。

もう長くないとは思ってはいたけど、

亡くなる前日、ただ横になって白濁して見えない目だけを開けていました。

頭を撫でてあげると、起き上がろうと懸命に頭を動かした彼女。


これが最後になる… 


という彼女なりの予感だったのか?と思ったら

もうたまりません。

そう、死に水はとってやれなかったからです。


どれだけしても後悔はする

そう聞いていたので、覚悟はしていましたが…。

つらすぎます。


生涯忘れない日のお話でした。

イヴにスイマセン





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様です

20年ですか…人間なら、100歳ぐらいでしょうか。
まさに大往生ですね。ご冥福をお祈りいたします。

私も現在、来月で7歳になる2頭のチワワ犬と暮らしていますが、
約10年前までは、別のメスのプードル犬もいました。
亡くなった母の飼っていた犬で、母の死後5年ほど、私が引き取って面倒を見ていましたが、
9歳で病気で亡くしてしまいました。

オシッコに血液が混じっているので、獣医に診て貰ったら
白血球が激減していて、増え過ぎた赤血球が尿に混じっている症状と言われ…
また、腹部を触診したところ気になるしこりがある…とも言われ(私には分かりませんでした)

レントゲンを撮ると、脾臓に腫瘍がある、おそらく悪性だろう、早めに手術が必要との
獣医の説明がありました。

治療の流れとしては、輸血をして体力を回復させてから、脾臓の全摘出手術を行う、
手術をしなければ数日の命、手術が上手くいけば数ヶ月の延命との話でした。

輸血で驚くほどに体力が回復していたので、脾臓の摘出の手術は断ったのですが
獣医の説明では、今、元気なのは一時的なことなので、
腫瘍がある脾臓を取ってしまわないと、つまり手術をしないと
他の部位にガンが転移して、すぐに死んでしまう可能性があるというので、
しぶしぶ手術の同意書にサインしました。

しかし…手術を行った当日の深夜に、プードル犬は死んでしまいました。

後に、犬の病気の医学書などで私なりに調べてみると…
脾臓にしこり(腫れ)が出来たり、尿に血液が混ざったりするのは、
溶血性貧血による玉ネギ中毒が原因らしいことを知りました。

治療法としては、輸血で様子を見る…という風に書いてあって
脾臓を摘出する…という治療は、どこにも見当たりませんでした。

死んだ後にいろいろ知って、受ける必要の無い無駄な治療だったのではないか?と、
単に獣医が金儲けの為に手術の必要性をでっち上げたんじゃないか?と
釈然としない思いです。
因みに費用は、手術や3~4日分の入院費を含めて15万円ぐらいでしたが…。

今、2頭のチワワと暮らしてますが、
もし、この2頭を寿命まで面倒を見ることが出来たら…
その前のプードル犬の供養にもなるんじゃないだろうかと思いつつ…な毎日です。

No title

なかはらさん いつもありがとうございます。

2頭のチワワ、より可愛がってあげてくださいね。
きっとお母様のプードルの供養にもなるはずです。

今日、エターナルペットサービスという大型バンに火葬用ボイラーを積んで出張してくれるところで
焼いてもらいました。人間と同じように骨壷に入れてくれます。
それを見たら、もう姿は写真でしか見れないのだと、あらためて痛感させられました。
些細な出来事や仕草が、いなくなってから想い出してしまいググッと感極まってきます。

今日クリスマスイブという日は、生涯忘れない特別な日になりました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

style M* 様 コメントありがとうございました。

周りの方々から 「幸せだったよこの子は」 と言って頂くと、とても救いになります。
「虹の橋」のお話… ありがとうございます。
それは知らなかったので探してみたいと思います。
コメント頂いてホントに嬉しかったです。
ありがとうございました。