2014/01/28

寒いけど汗かきます。

寒いこの時期、珈琲豆の焙煎をするのは

特にありがたいのです。

それは…

釜が暖房の代りをしてくれるからです。

CA61GFM9_convert_20140128160837.jpg

暖房というより、もうそれは火傷のレベルですが…

CA354M87_convert_20140128160555.jpg
釜の中は200℃~


珈琲豆の焙煎。

農産物相手なので、毎回微妙な違いがあります。

CACJ896I_convert_20140128161542.jpg

ガス圧(↑)で火力調整と、排気調整(↓)で

CAE1WR7X_convert_20140128161933.jpg

豆それぞれの理想のポイントまで焙煎します。


生豆に火(熱)を加えて煎る

そんな単純な作業なのですが、

例えば かば焼きは、串打ち三年割き五年焼き一生 って言われます。

珈琲も煎り止めまでの工程と、煎り止めのタイミングを見極めるのが一番苦労です。

ここが豆屋の醍醐味でもあり、永遠のテーマみたいなところなのですが。


集中するので汗かきます。














にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

夏は地獄ってこっちゃなー!

ぱーぷる見ましたー☆

オトコマエさん、もちょっと写真おっきくてもいいのにねぇー

ぁ、いやいや、ちゃんと記事よみましたえー
なるほど、なるほどー


立ち読みですけど。おほほ。

No title

ならこさん お疲れ様です。

ホントは写真NGでお願いしたんですが…。錦戸亮の写真送ったら良かったかなぁ(大笑)
ぱーぷる2月号に関しては立ち読み厳禁ですよ!
買って買って~