2014/03/04

見えない取り組み

先日の事。

お得意様 で懐かしい人とお会いしました。


その方は香豆舎 が、サラリーマン珈琲豆屋時代にお世話になっていた

老舗珈琲専門店の元オーナー。

今では現役を引退されましたが、あちこちのカフェにお茶をしに

お出かけされているようです。


この方からは、本当に様々な事を学ばせて頂きました。

その方のお店のエピソードをご紹介します。


…喫茶店 というと、

堅い仕事のイメージは少なく、いわゆる〝水商売〟

しかし、仕事内容は何をしていても同じ「経営」に変わりなく

そのお店では、スタッフ全員Yシャツにネクタイでした。

心構えが先ず違ったんですね。


そしてまだ携帯電話の無い時代のお話し。

お客様がポケットの小銭をまさぐられていました。

その仕草を見てスタッフが考えられることは、

①公衆電話を利用される ②清算 ③タバコ

この中でスタッフが協力出来ることは、③タバコ で、

お客様がわざわざ席を立たなくても良いように、

トレンチに、ハイライト、ショートホープ、マイルドセブン の人気3種を乗せて

「おタバコですか?」と声をかけられるよう、近くで待機されていました。

この話は今でも一番印象に残っています。


小銭をまさぐる = タバコかもしれないから準備する。

目配り、気配りが行きとどかないと絶対出来ないことですね。


他にも、サンドイッチでは、具材の吟味はもちろんですが、

パンは何mmにカットしたら一番美味しく食べられるか? 研究されたり

珈琲を運んだ時、お砂糖を入れられるお客様にはシュガーポットを開けてくれたり

テーブルの上の配置はどうしたらベストか 

伝票はテーブルの何処へ置けば良いのか 等々


お客様が居心地が良いように、さりげなく

しかし、その裏で物凄い取り組みをされていました。


カフェの居心地良さとは、

こういう見えそうで見えない取り組みなのではないでしょうか…。


この先もどれだけカフェのスタイルが変わっていっても

こんな風に、そこで働く人の取り組みが変わらないのが

この業界なのかもしれません。

やっぱりカフェ業界、なかなかイイじゃん。














にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

これは あの方 ですね!  お会いできたんですね~ 嬉しい再会ですね^^
こういう出来事があるから 人生って楽しく、また、積み重ねだなぁって思いますね。

お話し聞いた時、「そんなお店あったかなぁ・・・」と思い出してみてたんですが、全く記憶になく・・・
一度行ってみたかったなぁ・・・

雰囲気からして、昔ながらの The喫茶店 な 勝手なイメージ

そういうお店って 凄く落ち着くんですよね

今はお洒落なカフェや大手チェーン店が多くて、所謂な喫茶店やコーヒーショップが少なくなってきてますよね。

記事にも出てきた たばこ も 今は気軽に吸える場所も無くなってきて、愛煙家には厳しい時代。
昔の様な 特に「おじさま」が落ち着けるようなコーヒーショップがあると 流行るんじゃないかなぁ・・・



No title

yumi さま

コメントありがとうございます。
そうですあの方です。
西大寺北口の珈琲専門店煦露粉(くろこ)の元オーナーです。
今は、M氏の右腕だった方に譲られていますが、お店は健在です。
機会があれば是非。
ホント、昔ながらの喫茶店は今、絶滅危惧なんですよね。

M氏の面白かったところは、お店のキャッチフレーズに
「たばこと珈琲は元気の素」ってのがありました。
今だからこそ、喫煙歓迎でOPENしたら、お客様も目指して来てくれるかも
しれませんね。