2014/06/30

水無月と珈琲

今日で今年も半分が終わってしまいます。

家にあった 「水無月」


水無月


6月30日は、半年間の身の汚れを祓い、

来たる半年の清浄を祈念し、夏越祓(なごしのはらえ)をするみそぎの日。

昔は夏場に超貴重だった〝氷〟に見立てた菓子で、

夏を乗り切るために、この時期この水無月を食するらしいのです。

茶道や和菓子の世界では一般的らしいのですが、

自分は知りませんでした。


CADDWKIM_convert_20140409112036_201406300811148eb.jpg


和菓子と珈琲

とても相性が良いと個人的には思っています。


今日は、今年あと半年を無事に乗り切れる縁起担ぎに

水無月と珈琲 オススメいたします。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

なるほど、これは絶対いけると想像します。
水無月大好きなんです。
この時期食べたくなります。
京都の五建のが特に好きです。

水無月と珈琲、なるほどいけると思います。
水無月大好きなんです。
京都の五建のなら更に好いですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

タッチ姉さん コメントありがとうございます。

まさかお姉さんからコメントを頂けるとは…
とても嬉しいです。

京都の五建ですね!覚えておきます。

No title

RUG15様

どうぞお身体ご自愛くださいませ。

腰は身体の要。
胃腸は、ストレスからくる自律神経の異変なのでは?

どちらも日常生活の動きを弱める部位ですね。
カンフル剤は難しいでしょうけれど、自らの治癒力、免疫力、筋力、気力…
総じては体力を無理されずに少しずつ回復させてくださいませ。