2014/09/09

今日も何処かで十六夜の月を愉しみたいと…

昨晩はお月さまが綺麗でしたね。

平城宮跡朱雀門とお月さまです。


朱雀 月


平城宮跡…

日頃は人影もほとんどない場所ですが、

昨晩はお月見の人たちで結構にぎわっていました。

旧暦の行事を愉しむって良いことですね。



朱雀 月1


そして、今日は十六夜。

「いざよい」 とは、〝ためらう〟 という意味があるようです。

月の出は、1日に50分ずつ遅れるので、

出るのを ためらっている とされ 〝いざよい〟 と呼ばれるとの事。

勉強になりました。




月にまつわるお話しは色々とありますね。

満月の夜はお産が始まりやすい とか

新月にお願い事をすると願いが叶う とか…


今日からは、月が欠けていきますから「下弦の月」です。

恋愛以外の願い事や、浄化・解毒ということに適しているとか。





平城宮跡にいた時、いつの間にやら口ずさんでいたのが

さだまさしさんの「まほろば」   

というズバリ「奈良」の「満月」の曲。

大仏殿落慶法要コンサートで初めて聞いて

いわゆる〝さぶいぼ〟が出た事を今も覚えています。

そんな歌口ずさみながら

今日も何処かで十六夜の月を愉しみたいと思います。

















にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント