2015/02/05

天川村洞川で Book Cafe’



昨日は今春に奈良天川村洞川で Book Cafe’ を Open される

ゲストハウス 一休(ひとやすみ)さん へ伺ってきました。

敷地内にカフェを併設される打ち合わせです。


どろがわ1
店舗から見える雪が積もっている山は大峰山



『国境の長いトンネルを抜けると雪国であった…』


川端康成 著 の 「雪国」 を彷彿させる と言えば大げさですが、

天川へ入る最後のトンネルを抜けると積雪がありました。


道路がところどころ凍結しているので危険と、

途中まで迎えに来て頂いたのですが…

大正解!


どろがわ4
洞川の旅館街


流石は唯一奈良でスキー場があるところです。


どろがわ3


そして 天川といえば ゴロゴロ水 です。

カフェで使用頂く珈琲のカッピングをしたのですが…


美味い!


1杯の珈琲の材料はというと

「珈琲豆」 と 「水」 の たったふたつ。

そのうち99%は水分ときたら、美味しい水の影響力たるや絶大です。





冬の洞川は初めて行ったのですが、

洞川自体、修験道の街というイメージがあって

よし行こう! というところではありませんでした。


しかし、 きれいな空気と美味しい水

それだけでも充分なのだ  と今回伺って再発見した気持ちです。


春のOpenが楽しみです。










にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント