2015/06/16

アイスドコーヒーのレシピ




今日も仕事始めに本日飲むための珈琲を仕込みました。

蒸し暑いこの頃は、アイスドコーヒーです。


あっさり香ばしアイスにする為、深煎りより若干浅煎りの

シティーロースト豆を使います。


iced8.jpg
        (左)シティー      (右)フレンチ



4杯分を粉にしてセット

iced1.jpg

1人前約140ccとして、出来上がり560cc

560ccの半分280ccのコーヒーを抽出して氷で急冷します。

この時、氷の量は半分(280cc)の8×くらい、約220~230gをサーバーに入れておきます。



1投目、コーヒー粉表面が全体的に湿る程度のお湯を

そっと 〝乗せる〟 というイメージで蒸らします。

iced2.jpg
サーバーには数滴コーヒーが落ちるくらいが目安。

新鮮な焙煎豆で挽きたてを使うと30秒くらいは蒸れて膨らんでくれます。



2投目は、3投目以降の目安になるよう少しお湯を注ぎます。

iced3.jpg

膨らみが落ち着いたら真中中心に円を描くようにお湯を〝乗せ〟ます。

iced4.jpg

この時、ペーパーの淵にはお湯はかけません。

コーヒー粉の層(外壁)を残すことに気をつけてください。


iced5.jpg

コーヒー粉表面が平らになったら次のお湯を投入。

窪んでしまうまでほっておかず〝高さ〟を維持する事も大切です。

この作業を繰り返し…

iced7.jpg

抽出量まできたらドリッパーにお湯が残っていても

〝はずし〟ます。

もったいないようですが、日本茶と違い、コーヒーは全て落とし切りません。

同じドリップ抽出でもハンドドリップと、コーヒーメーカーで異なる部分がここです。


ice1.jpg

すっきり香ばしいアイスドコーヒーの出来上がり。



味覚は、表現することが難しいです。

なのでコーヒーをカッピングする時は、何人もの人が香味の感覚を共有する為に

味覚表現の項目があります。



風味の部分では…

柑橘系・フローラル・ハチミツ・キャラメル・紅茶・ジャスミン 等々

味わいや舌触りでは…

バター・クリーミー・ソフト・ジューシー・シルク・爽やか・透明感・クリーン 等々


単に美味しいのが一番なのですが、

どんなふうに感じ、どう美味しいのか…

そんなこと考えながら味わってみるのも楽しいですよ~












にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

アイスお出ししてきました

昨日買った豆で、アイスコーヒーとアイスカフェラテ出してきました。
ここ数日朝が涼しくてアイスが出るか心配したのですが、すべて飲んでいただけました。
キリマンジャロのアイスもなかなか好評でした。
楽しめました。

それはそれは

RUG15 さま

アイス完売だったのですね!それはそれは素晴らしい!楽しめた というのが一番です。
タンザニアは深煎りではありませんが、すっきり飲めるのでミルク・ガムシロ入れない方にはちょうど良かったかもしれません。