2010/07/09

かなり大事な豆知識 コーヒーミル

 かなり大事な豆知識 コーヒーミル

『 コーヒーは、〝豆〟の状態で購入しましょう! 』

良く聞かれる言葉だと思います。豆屋の私も絶対そう思います!

では何故?
そこで豆で購入するメリットをお伝えしますと…

① コーヒーに最も求めるモノ “香り” は、挽きたてが一番良い
② 保存するのにも、粉より劣化が少ない
③ 粉の粗さを変えると、同じコーヒーでも違った味を楽しめる
④ 豆で購入する事で、多少なりとも品質が良いモノが入手できる

     <虫食い・奇形・貝殻豆・発酵豆> 
  欠点 ←こんな欠点豆が混入していても粉では分からない!
  
  コーヒーは、豆で購入したほうが良いわけが分かって頂けたかと…



では、豆を粉にする道具は何が良いのか?…

実は、豆屋の私も1番初めは手回しのミルを購入したんですねぇ
手ごろだし、かっこいいし。
しかし、10日後には部屋のインテリアになっていました
他の多くの方も、そのようになっている様子


■そこで、電動ミルについてお勉強

豆を挽く方式は、一般的に臼歯式(グラインド)とカッティング式があります。

臼歯式は、向き合った臼(うす)の歯がコーヒー豆を砕きます。
渋味の原因である微粉末(シルバースキン)が比較的出にくいので、雑味が少なめで
きれいな味を出してくれると言われます。

カッティング式は、二枚の円盤に刃が付いていて挟み込んでコーヒー豆を切ります。
臼歯式に比べ微粉が若干多くでる気がします。
しかし、細挽きしても、熱による香りへの影響が比較的少くエスプレッソ用には最適です。

でもどっちがイイのか分からないですよね… 
ミルを選ぶ時は、臼歯式(グラインド)にしろカッティング式にしろ

粗さ調節が出来るタイプ を選んでください!

良くあるブレードグラインダー(プロペラのようにカッターが回転している)は、
粉の粗さ調節が、歯を回転させている秒数で決まるので、挽く度に粗さがまちまちです。
という事は、せっかくのコーヒーも淹れるたびに味が変わってしまいます…

ちょっと高い買い物かもしれませんが、豆屋がお家で持っている
カリタ ナイスカットミルは、20年以上無故障で働き続けてくれています。

未だミルをお持ちでない方は、是非とも揃えて頂きたい道具のひとつです。




ミルやコーヒーに関してのご質問やお問い合わせ → http://kouzusha.com/cms/pageask0.html


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 橿原情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント