2016/08/06

明日は立秋





今日は Cafe' 工場跡事務室さんで 「羽根建まつり」 の初日でした。

猛暑の中、本当にたくさんのご来場ありがとうございました。


この大工さんの〝技〟が実体験できるワークショップイベントは

明日は10:00~16:00 で開催されています。

大工さんのお仕事と

夏休みの工作の宿題がまだ未完成のお子様がおられる親御様


チャンス です!


そして今日、この猛暑の中、

ツクツクボウシの鳴き声を聞きました。


小さい頃、この蝉が鳴き始めたら夏休みが終わりに近いと教えられ、

ちょっとブルーになったことを想い出しました。


明日7日はもう「立秋」なんですね。


ツクツクボウシも鳴き出すはずです。

自然の生き物たちはカレンダーも時計も無いのに

どうしてこんな敏感に季節を感じられるのでしょうね。

同じ生き物として、

人間の方がこういう感覚を劣化させたんでしょう。



自分は芭蕉の『 静けさや岩に染み入る蝉の声』

という句が大好きで、

ホントは五月蝿いはずの蝉の大合唱が、

静か過ぎる時に聞こえてくる耳鳴りのように感じる...

そんな情景を昔、近所のお宮さんで経験したことがあります。


あの頃はニイニイゼミが中心であとアブラゼミで、

今のようにクマゼミ主体ではなかったので、五月蝿くても静かな感覚でした。

クマゼミは南方の蝉だそうで、

今この辺りで全盛なのはズバリ温暖化の所為なのでしょう。

人間の感覚が劣化して

地球環境も劣化、衰退してますね。

ツクツクボウシの鳴き声を聞き

警鐘を鳴らされている気もしました。









にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント