2017/04/14

信じる者は救われる コーヒーハンドドリップ編




信じる者は救われるのだ!


今日はお客様から えっホントに? という話が聞けました。

料理の世界ではよく言われるらしい?のですが…



それは例えば、コーヒーをハンドドリップする時

〝お湯の注ぎ方を右回しか左回しかで香味を変えることが出来る〟

というものです。


ハンドドリップ1


マジですか?香豆舎 は初めて聞きましたよ



で、ちょっと調べてみると

ワサビもおろす時、右回りか左回りかで辛みが変わる。
ワインのスワリング(飲む前にグラスをまわす)でも変わる。
釜揚げうどんのふり塩で右からふるか左からふるかで変わる。
ハンドドリップで注湯時、右回りか左回りかで香味が変わる。
            
etc





昔、「右ねじの法則」 ってのを習った記憶があります。

右回しで締まる、左回しで緩む


コーヒーのハンドドリップでこれを基本に言うなら、

右回し注湯は香味が凝縮して味わい深く

左回し注湯はまろやかに

となりますね…


そういえば、香豆舎の焙煎機は左回りです。

でも、冷却機は右回りでした(汗)


15夏4


焙煎時は左回りで〝まろやかさ〟を醸し出して

冷却時は右回りで美味しさを〝凝縮〟させていたとしたら

こっこれは凄い発見なのかもしれませんよ~


これから色々と右回り左回りでどれだけ差が出るか

調べてみようかと思います。


微妙な違い


信じるものは救われる…のです(笑)








にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント