fc2ブログ
2019/03/13

NSCに教えられたこと


突然ですが

経営を圧迫する要因に 家賃 ってのがあります。


まぁ色んなケースがあるので一概に言い切れませんが、

カフェ開業のご相談に見える方にお話するのは

おおむね家賃の10倍の月商がないと、なかなか厳しいですよ 

とお伝えしています。



え~ そんなに無理~っ



そう、この段階で無理と思う方は、厳しいです。

でも、小さなお店や決して良い立地でないところでお店をされていても

えっ そんなにお忙しいんですか!

というところも多々あるのも事実です。




そういったお店はどんな仕組みがあるのか?

自分なりに考えてみると…

❶目的になるモノ(商品・ロケーション・サービスなど)がある
 類似商品はあってもそこのお店のものが良い
❷❶が認知されているから何処のお店をに行くか決める時、選択肢のひとつに入っている
❸話題にのぼるものがある
❹お店情報が入ったとき是非行きたいと興味をそそられる
❺自分にとって居心地の良いお店である




経営本じゃないので深く考えず

すらすら出てくる項目をピックアップしました。


自分が店舗をしたらこういう店づくりを是非したいと思いますが

それぞれの項目はなんとなく理解できても

それを具体的にしてないのがダメなところ💦



そう家賃の10倍の月商目標額も、売れ筋メニューも、居心地も

逆算して、じゃぁ何をしないといけないのか

それを具体的に考えて実行しないとね…



coffee4.jpg





考えるといえば

先日TVを見ていたら

吉本NSCで、若手芸人育成の授業風景があって

若手コンビが講師の前でネタを披露してました。


ネタを終えてのこと…


講師 : 全然おもろないけど、そのネタ一生懸命考えたんか?
若手 : はい、自分らなりに頑張って考えました。
講師 : 頑張ってそれか?
若手 : ホンマに一生懸命考えました…



流石は吉本と思ったのはこの後の講師の言葉です

自分もハッとしました



講師 : 一生懸命…?
      お前らコネも金も実力も知名度も何もない
      出来ることは一生懸命考えることだけや!
      簡単に一生懸命言うたけど
      脳から血出るくらい考えたんかぁ?
若手 : 脳から血でるほどは考えてません
講師 : そしてら一生懸命とは言わんのじゃ
      脳から血出るくらいの死ぬほどの思いで考えるから一生懸命なんじゃボケがっ
      そんなネタやからおもろいんや



この風景、見る人によっては物凄いパワハラ

でも、自分は心底 正論だと思いました。



お店にお客様に来ていただく

一生懸命のお店はきっと

脳から血出るくらいの死ぬほどの思いで考えておられるんでしょね




      




脳から血がでるくらいに





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント