2010/08/23

2・8月の法則?

豆!

この前、食材を扱う知人から連絡がありました。

お盆期間中は、何処のお店(飲食店)もゆっくり(暇)だったとの事でした…

飲食業だけでしょうか? 2・8月の法則なるモノがあると聞きます。

2月の極寒期と8月の酷暑期は動きが鈍いというモノです。


ホント???


奈良は、燈火会をはじめ遷都1300年祭などで忙しいはずでは?

夜の時間帯も動きが鈍いと言われていますが、色々お話して行く中、結論は客単価が

¥3000~ のお店は忙しかった様子。

せっかくご飯を食べに行くのだから、ちょっとイイお店に という事だったんでしょう。

この 〝ちょっとイイお店〟 と認識してもらう事が大事だと改めて思わされました。


カフェで〝イイお店〟といえば、今月号の 「 SAVVY 」  は奈良特集。

イイお店が沢山掲載されていました。

豆屋もコンビニで購入しましたが、レジの時に若い店員さんが、間違ってません????な顔 

ちょっと買うのが恥ずかしかった




にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

僕は前職がアパレルでしたが、
同様に2月、8月は動きが鈍かったですね。
冬物→春物、夏物→秋物への移行期で実情と品揃えが大きくズレる時期でもありました。
また、色んな歳時の中で、消費の選択肢が大きく増える時期でもありますよね。
その中で飲食としては、特別感のあるお店や食事に偏る傾向はあると思います。
価格以外の部分で「特別感」を当店も出して行きたいなぁ~と思います。

コメントありがとうございます。

コメントありがとうございます。
アパレル関係の方は、旧暦カレンダーで24節季を意識してお店のディスプレーをされていると聞きます。経験を活かして「特別感」を提供しながらお店頑張ってください…。
新学期が始まれば、またお昼とか忙しくなりますよ~!