FC2ブログ
2019/07/11

マンデリン(インドネシア)のご紹介

香豆舎 の定番コーヒー豆のご紹介。

今回は…



 「インドネシア マンデリン ブルーリントン」



〝マンデリン〟というコーヒー豆の名前は聞いたことあっても

それがインドネシア原産ということは意外と知らない方も多いようです。



_convert_20190710170439.jpg




「マンデリン」とは、そのまま特定の生産地を表す名称ではありません。

スマトラ島北部で生産されるアラビカコーヒーの総称で且つブランド名なのです。



インドネシアは沢山の島々からなる国

スラウェシ島、バリ島などで生産されるコーヒーもそれぞれ名称があるのです。



マンデリンは、広大なスマトラの小規模農家から集約します

なので、地域によるバラツキが出やすく、品質コントロールが非常に困難。


そこで、このブルーリントンは、

リントン・二フタ地区の限定された集荷業者から

産地で果肉を剥いて水洗まで行ったウェットパーチメントの状態で集荷します(写真)

その後、天日乾燥され殻(パーチメント)を剥きます。

剥かれるとグリーンの状態で再び床上げのスクリーンで乾燥。


この精選方法を 「スマトラ式」 と呼び

マンデリンの独特の風味をもたらす要因となっています。




_convert_20190710170925.jpg



何故、香豆舎がブルーリントンを選ぶのか?


それは、マンデリンの格付け最上位はG1(グレードワン)ですが

人海戦術で 更にG1 レベルより厳密なスペックで徹底的に欠点豆 を除去します(写真)


このクオリティー向上の作業により、

強い甘味を保ちながらクリーンで独特の味わいを持つ

仕上がりになっているからです。



農産物は手間暇がかかるもの



その手間暇を、合理化したり手抜きすることなく

まさに〝美味しくなぁれ〟な栽培と生産をすることで

コーヒーノキとコーヒーチェリーも素直に正直に答えを出してくれます。




香豆舎はフレンチロースト(深煎り)まで焙煎しています。

力強い香味は、これしか飲まないというファンも多いです。

冷やしてアイスで召上っても、これまたオススメです!












にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


奈良県 ブログランキングへ









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント