fc2ブログ
2009/06/24

さて、焙煎!その2

焙煎します!
前回は釜を余熱で温めるところまででした。香豆舎は210度まで温めてからガスを止めます。
100度くらいまで下がると再び加熱します。

えっ・・・ 企業秘密? そう言われればそうかもしれませんが・・・

10人10色。 焙煎する人はみんなこれが1番というものをお持ちなので、このくらいは
“ふ~ん”というくらいですか

再加熱してから予めハンドピックしておいたスペシャルティー生豆を投入します。

ダンパー

1番調節するのはこの〝ダンパー〟 排気調整です。

サイクロン

普通の焙煎機はこのサイクロン↑↑という集塵機はひとつしかないのですが
単独排気に改造しているので香豆舎のは、ふたつあるのです。
走り屋でいうマフラーを変えて排気効率を良くしているってところでしょうか。
排気調整は走り屋さんも焙煎屋さんも〝みそ〟だったりするんですねぇ・・・

1ハゼ

生豆を投入すると結構バタバタします。

しばらくすると“パチパチ”音がしてきます。1ハゼという豆からのサインです。
この頃から香ばしい香りがします。そう、カンの良い方はお気づきでしょう、生豆は全く香ばしい
香りがありません。むしろ生臭いです。
コーヒーを飲みだしたころは、この生豆を煎じ煮出したものを飲んでいたとか・・・
今考えればですねぇ

つづく

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント