2010/10/16

カフェスタッフの為のコーヒーセミナー

豆!

大和郡山の HAMP3rd で、スタッフさんにコーヒー教室をしてきました。

店長は絶えず、お店の内容やメニューに対して疑問符を投げかけて

〝もっと良くなるにはどうしたらイイのか〟 をいつも考え実践しておられます。

今回は、その一環での教室開催でした。

15年目を迎えたお店は、こういった努力の裏付けがあることを

あらためて感じた日でした。

ハンプ看板


よく 「顧客目線で…」 という言葉を聞きますが、

お店(自店)を、本当にお客様目線で見られるかどうか、

ベクトルというか、矢印というか、お店サイドから一方通行でお客様へ向いていないか?

なかなかチェックは難しいです。



流行っているお店と、そうでないお店があります。

FCや大手チェーン店、コンビニなどでも、本部からの画一化されたサービス指導が存在するのに、

お店によって〝差〟があります。

流行ってないところは、お店(自店)が見えてなくて、

ベクトルがお客さんへの一方通行なのかも知れません。


とあるコンビニで…

店 長 : 感情が無く形式上 「●●増量中です!いかがでしょうか?」

バイト君: 追随して 「いかがでしょうか?」

お客さん 自分ひとり。

頼む!形だけなら言わないでくれ!


これまた違うコンビニで…

パートさん : レジにて 「●●増量中なんですけどいかがですか?」

お客さん  : 美味しいの?

パートさん : さっき作ったところなんです!

お客さん  : じゃあひとつ

パートさん : ありがとうございます!

見ていて気持ちよい会話のキャッチボールでした。

流行る、流行らないは、こんな些細なことの違いだけなのかも知れません。



〝小さなことからコツコツと!〟

まさに格言です! 豆屋もこの格言を肝に銘じて頑張ろ



にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村 










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント