2011/03/05

音楽の力

豆屋、学生時代に想っていたこと、それは…

齢を重ねても、その時に流行りの音楽には絶対ついていこう!

ついて行けないこと自体、若さがなくなったことになるから… と、

かたくかたく誓っていたのに、今はどうですか… 

ついていくどころか、ベクトルがそっちに向きません。

70~80年代の音楽がかかると歌詞まで覚えているのに。


豆を焙煎している時は、焙煎機の機械音が大きいので、

音楽を聴いたりという事は出来ません。

焙煎中は、モーツァルトとかかけたらイイのかなぁ?


焙煎以外の作業中はどうかと言うと、基本的にAMラジオです。

こんちは近ちゃんお昼ですよ~ 

それはそれでイイのだけれど、せめてたまにはFM聞けよ!


豆屋の高校時代のテニス部でペアを組んでいたパートナーは、

今でも音楽で飯を食っています。

彼の名は 有田裕史 今日、奈良ドットFM(78.4)で、彼の曲がかかったとの事。

堀井彩(ホリイアヤ)という映画監督と一緒に仕事をしてる様子で、

映画音楽を担当してるらしいです。

凄いなぁ…。

夢をあきらめないでずっと追いかけてるのが凄い!


彼は、高校の文化祭で Journey Separate Ways   を熱唱して

唯一アンコールが起こったバンドのボーカルでした。

今は、ほとんど弾くことが無いモーリスのアコースティックギターも、

彼から譲り受けたのでした。


何故、急にコーヒーネタではなく、音楽ネタになったのか?

それは、たまたまいつもAMラジオがかかっているラジカセに入りっぱなしの

CDをかけたら、槇原敬之のLOVE LETTER がかかって

懐かしいやら、何やらで年甲斐もなくちょっと胸が苦しくなりました。

自分にも、こんな時があったんだ… みたいな。

そしてまだこんな気持ちになれる部分を持っていた事に、

ちょっと嬉しさを感じた土曜日でした。


自分がこれぞと思う珈琲豆を扱う仕事をしてるのも、

有田裕史 同様、夢をあきらめないでずっと追いかけてるんだなぁ…

たった1曲の懐かしい音で、こんな事まで想わせてくれる

音楽ってやっぱりすごいですね。










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント