2011/04/18

和三カフェ珈琲教室

昨日は、西の京の 和三カフェさん で、珈琲教室を開催しました。

当店では、3ヶ月クールで毎月1回、基礎Ⅰ~Ⅲの内容で開催しています。


今回の内容は、珈琲教室 基礎Ⅲ。

基礎Ⅲ… と言っても、コーヒーの生産工程の違いが、品質に及ぼす影響とか

品種やグレード、規格のお話で、ちょっと深い部分の内容です。

ホントは、業界人が知っていて欲しい内容のお話を一般の方に…


TYERIIRASUTO.gif


それに、何杯もコーヒーを試飲していただいて、

利尿作用でトイレが近くなって、帰り道お困りになったのでは??? と

今更ながら気になっております。


でも今後、〝美味しい豆選び〟 という部分においては、ちょっと昔に流行った

「間違いのない●●選び」の本の様に、知識をつけて頂き、より香味高いコーヒーを

選んで頂けるお役に立てたのではないかと考えております。


参加者の皆さま 本当にお疲れ様でした。



世界三大嗜好飲料のひとつである 「珈琲」。 

今は、何処ででも飲める飲み物になりましたネ…

お家ではレギュラー、インスタントの選択も可能だし、

1歩外へ出れば、カフェや飲食店あり、自販機あり、コンビニあり、会社でもOCSあり… 


その何処ででも飲める珈琲、カフェではメインアイテムになります。

なので、カフェのオーナーが、 どんな珈琲 を選択してお客様に提供しているか… という事は

お客様目線で見ると、そのお店が 「どんな姿勢でお客様に対しているか」 が分る

ひとつの指標になります。


普段、豆屋が主催する珈琲教室は、1回きりの参加である程度の内容をお伝えしています。

しかし、珈琲について3回に分けて教室を開催して欲しい… という

和三カフェオーナーの依頼を聞いた時、このお店のお客様に対しての姿勢を感じられたので

お受けしました。



〝珈琲〟

その香りと口に含んだ時の芳醇さ、飲み終えたあとの香ばしさと、

ほのかに甘いあとくちの良さ…

たった1杯、自ら淹れることが愉しみになる珈琲。

1杯の珈琲をカフェで愉しむ。 

そんな愉しめる珈琲があることを、是非知って頂きたくて

珈琲教室を開催しております。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント