2011/04/26

これからのカフェ

今日は、sedo さん で 「花・cafe」vol.2 でした。

本当にたくさんのお客様にご来店頂き、ありがとうございました。

ランチ/パン担当 さだぱん さん 花担当寺田農園さん 共々、感謝感謝です。

次回開催は未定ですが、またこのコラボで何処かの場所で 「花・cafe」 を開催したいと

考えております。その時はまたよろしくお願いいたします。

cafe花
 

豆屋 は、一般のご家庭に 「Specialty Coffee」 をお届けする方が多いのですが、

もちろん カフェ にもお届けしています。

なので、自らもカフェをする体験をしないと、本当の意味での豆屋になれないと考えています。


というのも…

カフェではなく、一般のご家庭にコーヒー豆をお届けした時にお客様がおっしゃるのは…


美味しいランチやスィーツは別だけど、コーヒーはお家で飲むから、

外へわざわざお茶だけしには行かない…。 


と言われます。     豆屋 困った…


そうなのです。お家で美味しいコーヒーを召し上がっているから、

お茶だけならお家で飲む方が良くなっているのが現実です。


なので、カフェは来店頂くために +@の売り の強化がどうしても必要なのです。

スィーツや、こだわり野菜の美味しいランチ、雑貨、クラフト、お花、

ワークショップ、教室… 等々。


そして、雰囲気、充実した内容、高いクオリティー、適正価格、話題性…

それに何といっても、さりげない接客サービス。


こういった、お客様がそのお店を認知する項目(ネタ)を、

カフェの場合はもっと強化に取り組まないといけないように思います。


お客様が、最初に来店頂く話題性や、次の来店につながる 来店動機 というものが

つくづく必要だと、今回 「花・cafe」1day cafe をやってみて感じました。


1日しか開かない、ランチとパンとお花のカフェ。


これはちょっと行っとこ…


という感じで、来店頂いた方が多かった様に思います。



でも、商売にならないやん…

そうなんです。2日しか開かないお店では、家賃も払えません。


従来の考え方で、1等地の立地と言えば人通りの多いところ。

でも、人通りが多くてもシャッター通りになっている場所も多いですよね。

大阪梅田が野田や福島に、南がその周辺エリアに…、

繁華街からちょっと離れて不便・辺鄙と言われてたエリアが良くなったり、

町屋、古民家、倉庫跡、雑居ビル と、決して良い物件ではなかった所でお店をする。

ちょっとピークは過ぎた感がありますが、今ってそういう所でOpenするのが多いですよね。


そんな所でお店しても、絶対流行らへんよ! 誰が来るの? と

きっと言われてたはずなんです。 だから…


最初に始めた人たちはエライっ!


家賃やら、投資出来る資金が限られているから、懸命に考えて考えて

お客様にわざわざ来てもらえるように考え尽くして

結果、こういう傾向になってると思うのです。


なので豆屋としては、カフェのオープンを考えている方々に、

1day cafe や週末のみのオープンでも、+@の何か特化したものを足して、

やっていけないものか…?


豆屋のお客様に週末カフェが多いのも何かのご縁。

きっとこれからのカフェの展開としては、この方向へと進むんだろう…


豆屋 無い知恵を振り絞って、その仕組みを考えますね…











人気ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント