2011/05/16

手軽に美味しくアイスの研究

今、水だしアイスコーヒーが全盛ですね。

本当は、「ダッチコーヒー」 の器具で抽出したいところですが、

なかなか…


そこで、ハリオハンディーティーメーカー
hario.jpg

お茶を淹れるためのものですが、お茶が大丈夫らなコーヒーは? という事で、

try しました。

粗挽きしないと、微粉末が落ちるのは フレンチプレス でコーヒーを淹れる時と同じです。


やや粗めに挽いたアイスコーヒー用か、フレンチローストくらいのコーヒー豆を使用。

分量はホットと同じです。

最初だけ 「蒸らす」 作業にだけ、お湯を注いでコーヒーエキスが抽出しやすい状態に。

あとは、お水につけておきます。


数時間後


適度な濃さを見計らって飲んでみると… 

熱を加えずに抽出しますので、味に重厚感は欠けるものの、軽く香ばしいコーヒーが…

そのまま召し上がるには good かもしれませんが、アイスオーレなどには不向きかも。

難点は、①たくさん作れない ②後片付けがちょっと… ということですか。



今年もアイスの季節が来ました!

量販店では、1000mlボトル @¥98 で販売されているアイスコーヒーも。

これは手軽で便利ですね。

でも、裏面表示は「コーヒー」ではなく、「コーヒー飲料」の表示が。


何が違うかと言うと…

使用しているコーヒー豆の分量によって表示が異なるのです。

「コーヒー」と表示されている商品は、その商品の100gに5g以上の

コーヒー豆を使用していますが、「コーヒー飲料」は、2.5g以上5g未満の

コーヒー豆を使用しています。

1g以上2.5g未満の製品は、「コーヒー入り清涼飲料」

コーヒーも、しっかり飲み分けしたいものですね…。
















人気ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント