2011/07/20

ミルのメンテナンス

今日はミルのひとつをメンテナンスしました。

長く使うと微妙に「ずれ」が出るので、その微調整と、

どうしてもコーヒーが持っている「油分」で、微粉末の固まりが出来るのを

除去する作業です。

CAHB04YP.jpg BONMACの古いタイプのミル 550-A
↑ 豆を投入するホッパーをはずすとこんな感じ

この中心部に「豆」が入ってグラインドされます。

CAGB86ER.jpg
↑ 上部の部品をはずすとこんな感じ
上部は固定されていて、下部がモーターで回転します。

CAEVB5EF.jpg

コーヒーの微粉末がこってり付着していたのを掃除して再セット。

そして、ホッパーをはずした段階まで組み立てて、最細挽きに調整して固定します。

最細挽きで、調整レバーを「番号①」に固定して出来上がり。


このミルのタイプは「フラットカッター」と呼ばれるタイプ。

性能も良い普及型です。

フラットカッターには、「臼歯」と「カッティング」の歯のタイプがあります。

喫茶店で良く見かける赤い大きなミルは、「臼歯」タイプが多いです。

見た目が小さく可愛い カリタ ナイスカットミル は、「カッティング」タイプです。


「臼歯」と「カッティング」では、粉にした時の見た目が少々違います。

シルバースキン(コーヒー豆の真中の筋の白い部分)の微粉末が、後者の方が多いように思います。

次にミルを購入するの時の参考になればいいかなぁ と思ってます。

CA33ZHNV.jpg ←石脇智広氏著 「コーヒーこつの科学」より

お家でコーヒーを美味しく淹れるには、先ずミルの準備!

電動で「コニカル」タイプがあればGoodですが、なかなか安価ではありませんし、

「ブレードグラインダー」は、非常にお安いですが、大切な「粉の均一性」は求められません。 

ミルにも色々タイプがありますが、オススメは「フラットカッター」タイプです。

粉でお求めの方は、是非、ミルをご用意しれ頂いて

挽きたてで淹れてお召し上がりくださいませ~













にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント