2011/07/22

オイシイコーヒーかどうか見分けるコツ

オイシイコーヒーかどうか見分けるコツがあります。


それは、コーヒーの味の変化を確認するのですが…

この 味の変化 とは、先ず 「温度」 の変化による味覚の違いを利用します。

例えば缶コーヒーで、温かい状態で飲むと 甘い! のに、同じモノを冷たくして飲むと

そう甘くも苦くも感じなかったりします。

そう、冷たくすると苦味や甘味の感覚が鈍くなります。

なので、冷たい飲み物は甘味の付け過ぎに注意です。


逆に 酸味 は冷たくすると感じやすくなるので、HOTで淹れたコーヒーが

冷めた時も オイシイ と感じれば、そのコーヒーは本質的にイイコーヒーと考えています。

もちろん温かいモノは、温かいうちに飲むのが一番ですが、冷めてもイヤなあとくちとか

雑味がないかどうか試してみると良く分かりますよ!


味の変化は、この温度以外にも 「成分の変化」 や、「酸化による変化」 などがあります。

なかなか難しいですね。

こういった部分が、奥深いところでもあるのですが…


1杯だけ美味しく抽出するのは難しいので、2杯抽出して味の安定化をはかったり

温度によって味が変化する成分が多いので、抽出の湯温管理をしっかりしたり…

でも、化学実験をするみたいに淹れると、せっかくのコーヒーを淹れるのも肩が凝ります。

一番手っ取り早く確認するのは、「冷めてオイシイ」 です。


コーヒーの銘柄、焙煎度合、ブレンドかストレートか、抽出器具 etc

ちょっとこだわって 1杯の珈琲を楽しんでみて 最後のひとくちは冷ました

コーヒーを飲んで味のチェック!

きっと 贅沢な1杯になるのではないでしょうか?















にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント