2011/08/28

豆選び

本日は、朝から珈琲教室用資料作りに勤しんでおります。

あちこちで不定期に珈琲教室を開催しているので、一応基本的な資料は

完成しているのですが、やはりその都度微修正をします。


珈琲に関してお伝えしたいことは山ほどあって、

参加者の皆様がいったいどの部分を一番お知りになりたいのか?

その都度、話の切り口を変えており、微修正がどうしても必要なのです。


お陰さまで、9月3日の和三カフェ珈琲教室は定員になりました。

今回は初参加の方も多いので、一番需要が高い(…と勝手に思っている)

「美味しくコーヒーを淹れる」 を主体にお話したいと考えております。

今日は、その資料作りです。


むらし

教室でいつもお伝えしていること…

ご自分で 「あっ 美味しい…」 と思えるコーヒーを淹れるには、

%の数字は、豆屋さんによって若干違いますが、


「豆選び70%・焙煎技術20%・淹れ方10%」 とも言われます。


えっ!淹れ方はたった10%しか影響しないの??

極端な数字かもしれませんが、ホントです。多くても30%くらいかなぁ…

豆選びが、コーヒーをおいしく淹れる為にはとても大切なんですね。


例えば、ドリップでコーヒーを淹れる時でも、

先ずはコーヒーミルが必要で、どんなミルでどの細かさで挽くのか?

その挽きたてのコーヒーを、注ぎ口の細いポットで、

色々な抽出器具メーカーの個性に合わせた抽出方法を、どんなペーパーを使って

お水はどんなのを使って淹れるのか…

それらを熟知した人が、100点満点の淹れ方をしても珈琲豆自身の実力がないと、

実力以上の点数は出せないのです。


なので、豆選びが一番ウエイトが高いのです 


この「豆選び」についても和三カフェさんで次回お話する教室を開催します。

ご興味ある人は 集まってくださ~い!















にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

珈琲教室、楽しみにしてます。

珈琲豆の選び方は、確かに重要ですね。

せっかくスペシャルティやカップ・オブ・エクセレンスなどの良質な珈琲豆を手に入れることができるなら、
やはり豆の挽き具合や粉の分量、ドリップ方法について、もっと知りたくなりますね。

9月3日(土)の珈琲教室も楽しみにしてます。
当日は、台風が関西を通過するようで、天候が心配ですが…

いつもありがとうございます

ちゅうげんさんは、珈琲だけでなく自ら色々な食材を調理して
セミプロ集団で試食されているまさにツワモノですよね!
いつも感心するし頭が下がります。

そんなちゅうげんさんにも楽しんで頂ける様に(内容は重複しますが)
頑張ります!
確かに台風が心配ですが…