2011/09/15

秋の夜長

今晩も奈良マラソンに向けての練習で一時間強走ってきました。

夜なのに心なしか明るく感じたのは、お月さまのお陰でしょう。

仲秋の明月の明るさとまではいきませんが、それでも足元照らして頂き感謝です。


「仲秋の名月」


そういえば今日は、お客様と24節季の話題になりました。

季節感を大切にするご商売では、この24節季や旧暦カレンダーを見て

店内の演出やメニューを変更するタイミングを見ておられるとか…。


なかなかGoodなアイデアでネ。


この「仲秋」も、旧暦8月、24節季の「白露」~「寒露」の間です。

24節季は、太陽を観測して最も低い日を冬至と定め、春分や秋分も夏至も、

太陽の動きを計算して事前に定めた暦。

昔から、月の満ち欠けとか太陽の動きと結びついて

農業や漁業、生活習慣の目安だったんですね。


その節季のうち「秋分」が間もなくです。

春には、「春の七草」(セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ)があって、

「七草がゆ」にして食べる習慣がありますが、

秋にも七草 (ハギ・キキョウ・クズ・ナデシコ・オバナ・オミナエシ・フジバカマ) があって、

コチラは食べず、秋分の頃に「眺めて愉しむ」ようです。


秋の七草には話題日沸騰中の 「なでしこ」 がありますね…


お月さまと秋の七草を愛でながら、美味い珈琲とお団子で秋の夜長を

楽しみましょう















にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント