2011/12/22

歳末 オススメの珈琲

香豆舎 が定番にする珈琲達は…

原産国の決った地域、農園(農家)で、「これはっ!」 という原料生豆だけを定番化するのですが、

安定供給というよりどうしても〝香味〟を優先させるので、

数量がとても限られてしまいます。


なので、在庫が無くなってしまうケースが多々あります。


それで今回は 「マンデリン ブルーリントン」 の在庫ががなくなって

新しく採用したのが 「マンデリン シナール」 という珈琲です。

2011_1217_145513-CIMG0041_convert_20111222090415.jpg

マンデリンは、モカ 同様に個性が際立っていてファンが多い珈琲です。

この 個性が際立つ理由のひとつに地域特性があります。


インドネシアの熱帯地域で収穫されたコーヒーチェリーは、

収穫後、傷んでしまうのが早いので素早く赤い実を剥く作業を行います。

その作業を素早く行うために考案された 「スマトラ式」という精選方法が

独特の風味、香味につながっているとも言われます。


この マンデリン シナール は、トバ湖近く リントン・ニフタ地区で育てられました。

トバ湖の美しく光輝く水面から 「光のマンデリン」 とも呼ばれます。

トバ湖 トバ湖

完熟したコーヒーチェリーを精選後、ドライテーブルを用いて天日乾燥。

更に、味に大きく悪い影響を及ぼす 欠点豆 を徹底的に除去します。


マンデリンのランクは、マンデリンG1~スーパーマンデリン~ウルトラマンデリン

そして ゴールデンマンデリン という格付けになりますが、

シナールは、旧称ゴールデン・マンデリン。

豊かなコクと香り、透き通るような苦味の珈琲です。


年の暮れ、お疲れをちょっと癒す スペシャルな1杯の珈琲 はいかがでしょう?













にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント