2012/01/09

大人の味覚 「珈琲」

今日は成人の日。

内閣府の 「国民の祝日」 について見てみると、1月の第二月曜日に、

「大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝いはげます日」

とあります。


成人を迎えられた皆さん おめでとうございます。


今は 珈琲 がないと全然駄目な自分も、成人式を迎えた頃は

全くといってよいほど、飲んでいませんでした。


PHM21_0744.jpg




人間の本能として、安全で楽しい味は「甘味」で

「苦味」「酸味」は、危険な味と判断するようです。

子供の味覚は大人より敏感で、刺激の少ない味を好みます。

大人になって「苦味」「酸味」の美味しさが分かるようになってくる…

なので、味覚の変化が 大人 になった証拠なのかもしれません。


子供の頃には全く駄目だった野菜、トマト・ピーマン・セロリ・ゴーヤなど

それに、塩辛・キムチ・古漬け や、わさび・唐辛子…

苦い、辛いとか、味の濃いもの、そして「コーヒー」も。


でも、ある日試すと嫌いだったモノも食べたり飲めたりできたという事が多いようです。

味覚の変化が年齢とともに大人へと成長して、

色んな味を受け入れられるようになるのかもしれません。


大人の味覚 「珈琲」


飲めなかった方も、今日を境に挑戦していただきたいですね。

意外と 「あれっ オイシイ」 と感じられるかも…














にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント