2012/02/07

知ってもらう事は難しい

今日は、毎春秋に開催している 「陽楽の森」のイベント の打ち合わせでした。

何故かその時、昔聞いたお話を想い出しました。


話というのは…


とあるお店のオーナーが、朝の開店前に玄関の掃除をされていた時、

ワンちゃんを散歩をされているご婦人から声をかけられたそうです…


「いつ開店されたの?」

「はい もうすぐ15年になりますか…」 

「えっホント? いつも前を通るけれど全く気付かなかったわ」


ランチの時間からのOPENが、ご婦人のお散歩の時間と合わず、

認知されてなかったのですが、

それでも、誰かに知ってもらうという事が、いかに難しいことなのか…

というエピソードです。


そんな意味では、当舎は、お店を構えずに 珈琲豆屋 を営んでおりますので

「知ってもらうこと」 に、もっともっと 力 を注がないといけません。

それに、せっかく知っていただいてる方でも、

「お店巡り」 をされている方々にとっては、行くべきところがない! というので

ご迷惑をおかけしています。


そんな当舎の日頃はというと…

東に手作り市あると聞けば、東ヘ行って豆を売り

西に珈琲教室のご依頼があれば、西へ行って蘊蓄語って喉をからし

南にお店をする人がいれば、南へ行ってお手伝いし

北にお客様がおられたら、北へ珈琲豆をお届けし…   (パクるなよ!)


でもいつの日か、もっと知名度が上がったら、拠点ともいうべき お店 を開きたい! と

考えております。


なのでその日までは…


これからどんどん過ごしやすくなるにつれて、あちこちで開催されるイベントに

参加させていただき、もっともっと知っていただかなければ… と

考えております。

どうか頭の片隅にでも記憶をとどめておいて頂ければとても幸です。













にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ブログ衣替えですね

おっしゃるとおり、人に知ってもらうのって大変e-351
私も、もっとイベントなどに出てみようと、思ってます。
工房に少しはおいてますが、無店舗販売なので、
いつか、売り場を増設したいと、考えてますe-271

そうなんです…

販売拠点(店)を持たないと、例えばミニコミ紙とかにも掲載してもらえなかったし、
肝心な「知ってもらう」ということがなかなか難しいですね。
反面、お店を構えると家賃面などの経費に追われます。
維持継続が難しい原因です。
お店を構える、無店舗のどちらが良いとは言えませんが、
自分もいつかは販売拠点を持ちたいと考えております。
それまでに、支持頂ける「顧客様」をたくさん作っておこう! 
現在は、その途中ですね
近い将来、販売店が出来るようお互い頑張りましょう!

いつもコメントありがとうございますe-466