2012/02/12

ならきたをぶらぶら

今日は、茨木でカフェをされる方と ならきた をぶらぶら。

「奈良コン きたまち編」 という街コンがあるんですよ とお話していると

茨木でも既に開催されていて 「イバコン」 と呼んでるらしいです。

面白いですね…


そんなお話をしながら 工場跡事務室さん でお茶して、NATIVE WORKS さん へ。

工場跡


ならきたのエリアは、古い建物をうまく利用されているところが多いので、

奈良らしく映っている様子でした。

交番


北摂でも、古い 銭湯 や 雑居ビル が様々なショップになっていたりで

今のお店作りは、こういう建物を有効利用するのが全盛ですね。


カフェも、その時代時代で 流行り というか、傾向 のようなものがあります。

アーリーアメリカンのウッディーな建物やログハウスから

コンクリート打ちっぱなしのカフェバーやプールバースタイル

そして、いかにもお金かかってます! というバブリーなスタイルから

緑をふんだんに取り入れたナチュラル系、そして古い建物を利用した 町屋カフェ と

変化(進化)しています。


「一等地」 に出店する! という考え方も変わってきているように思います。

一等地… 駅前、官公庁、病院、学校、国道沿いなど、

一般的に「集客できるエリア」 への出店は、ほとんど大手さんの仕事で、

個性的 且つ 魅力的なお店 は、「えっ ここでお店するの?」 というところでも、

たくさんのお店が登場しています。


集客力=来店率 の公式は否めませんが、

今の傾向としては、「お店に行く前に行くところが決まっている」 という方が、

今風のような気がします。

なので、一等地 では無いエリアでお店をされても、

「行くだけの価値や魅力があるお店」 は、少々不便なところででも

大丈夫なのかもしれません。

もちろん、行くだけの価値や魅力がある店舗力は必要不可欠ですが。


5年先… いや3年先には一体どんな傾向のお店が流行るんでしょうね

楽しみです。

いつもアンテナを張りながら、時々、変化をお伝えできればと考えております。














にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村











スポンサーサイト

コメント

非公開コメント