2012/03/04

先生と呼ばれて

2日間、コーヒーセミナーの講師をしてきました。

TOTOさんの橿原ショールームに、数社のリフォーム企業が有志で集い企画された

集客イベントの一環のセミナーです。


初日は、朝礼にも参加したのですが、大企業と企業集団の朝礼を見ることが出来

こんな機会はなかなかないですから 「お~」 と思いました。

この日に向け高い目標設定をして準備をされ迎えた朝のようでした。


主催者の皆さんは、お客様を迎える時はもちろん 「笑顔」

でも、どこか気持ちの張り詰めた感 が伝わるようでした。

そんな事もあってか、限られたセミナー開催時間で不手際があっては大変と

こちらも緊張です。


セミナー参加者からの質問があった時 「先生」 と、呼ばれ一瞬ドキッと…

先生というキャラではないけれど、講師らしく振舞って

最低限、主催者さんのイベント開催の足を引っ張らない様にしなければ と

余計に緊張。


教育の現場で飲酒する「先生」と呼ばれる人もいるけれど、

たったひとりの振る舞いが悪いと、他の多くの人たちにまで迷惑がかかります。

先生という仕事は本当に大変で、病む人が多いと聞きます。

頑張ってるから、病んでしまわれるようにも思います。


自分としては、イベント主催者をはじめ、

珈琲業界の為にも 可笑しなことを教える講師 にならない様に心がけ、

もっと精進しなければ…


2日間に渡りコーヒーセミナーにご参加いただいた本当に沢山の皆さま

セミナーはご満足いただけたでしょうか?

ご参加いただきありがとうございました。

明日からは、カフェや専門店のような 美味しい珈琲 を

どうぞお家でも楽しんでくださいませ











にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント