2012/03/09

アロマ・フレグランス・フレバー

「森の時間」さん が、わざわざメールに添付して送信してくれました。


「コーヒー、アロマが神経や大脳に作用」 の見出しがっ!

隱ュ螢イ_convert_20120307095602 読売ファミリー2/22号


確かに 珈琲の香り には癒されますね。

心地よいと感じることは、身体にも良いはずです。


コーヒーの香気成分は、一説に650種類以上ある と言われてます。


なので、カッピング(味覚評価)の際にも…

「アロマ・フレグランス」 
粗挽したコーヒーの香りと、お湯を注いだ時の香り

「フレバー」
口に入れた時の味覚と、鼻から抜ける香りをあわせて総合的に判断する風味特性

匂いに関してもこんな項目があるくらいです。

それほどコーヒーには香りは重要なのです。


アロマ:芳香・香り。

フレグランス:香気・芳香性。

フレバー:香味。


ややこしいですね。

シンプルにコーヒーの香りの高さに癒されようとされるなら

絶対に 「豆」 で仕入れて、淹れる前に 「挽く」

これは厳守です!


それは、コーヒーは 挽きたて の時が一番 香るからです。

挽いた時に 香気成分 の大部分は無くなってしまいます。

せっかくのコーヒーなのに、粉で買ってきて酸化して 酸っぱい臭い のコーヒーでは、

大脳や神経に良い効果が発揮されませんよ~













にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント