2012/03/17

引退

3月は 別れ の季節でもありますね。

16日をもって色んな 列車達 が引退しました。

引退は卒業と同じで、次の段階に登るためにどうしても通過しないと駄目なステージ。

だけど、寂しさは否めません。


昔、四国の田舎へ帰る時

岡山までは新幹線で行き、宇野線の快速に乗り換え、宇野からは連絡船に。

連絡船の立ち食いうどんの美味しかったこと。

そして高松からは四国の各方面に連絡している列車達に乗客は分かれていきます。

今では瀬戸大橋という便利な橋が出来たお陰で、

岡山で1度乗り換えするだけでOKになりました。


今でも深く印象に残っているのは、昔の四国の列車達で、

高松駅では、発車ベルがけたたましく鳴り響いたあと、

ガガガガ~という爆音を轟かせ発車するディーゼルエンジン音

ガタンゴトンという線路の響き、

踏切通過のドップラー効果音、丁寧過ぎる車内アナウンス 

車内で食べるために必ず買った冷凍ミカン etc


今ではそれらのほとんどは無くなりました。


列車の引退に、何故あれほどの人たちが詰めかけるのか…

詰めかけたそれぞれの人が、こういう想い出をお持ちなんだと

自分は凄く理解できます。


まだ昔の印象が強いのでしょうか、

今でも田舎では電車の事を「汽(気)車」と呼んでいます。










にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あら・・四国にご縁が・・・あったのですね

昔は四国から大阪方面へ行こうとすると宇高連絡船を使うか
松山から直行のフェリーを使うかがほとんどでした

今では瀬戸大橋が出来高速道も整備され車でこの橋を渡るか
便利な飛行機を利用することばかりで列車を使うことは
まずなくなりました

そうそう今でもJRの電車はみんな汽車っていいます
冷凍みかん懐かしい~~




伊予と大和のハーフなんです…

そうなんですよね… 
高速が整備されてからは鉄道で帰省することはもう無くなりましたね。

神戸から川之江・新居浜行きのフェリーに乗るにしろ
宇野~高松の連絡船を利用する鉄道で帰省するにしろ
四国へ帰るという事は、船で海を渡るから、
遠くてありがたい感じがあったのですが…。
今は、朝に出発するとお昼には目的地でランチ食べてます。

今でも汽車って呼んでるんですね
伊予や宇摩の方言なのでしょうか?

懐かしいです

懐かしいお話です

私は岡山県倉敷市の出身で、大学が徳島大学だったものですから連絡船にはよく乗りました。
瀬戸大橋は途中の島まで行ったことはありますが、四国に渡ったことはありません。
母と「もう一度阿波踊りを見たいね」と言っているもののなかなか叶いません。

No title

がんさんコメントありがとうございます。

瀬戸大橋の途中とは与島ですね。
自分も四国へは淡路経由で行きますから、瀬戸大橋はずいぶん通ってないです。

阿波踊りも小学生以来見ておりませんが、非常に懐かしいです。
うちの弟は毎年のように行ってます。
徳島まで行く気になれば数時間で行けるのに… と言われますが、なかなか。

お墓参りも兼ねて今年あたりは行ってみようかな?