2012/04/04

花は散り際が美しい

なかなか暖かくなりませんね。

こういう春の寒い状況が続く時の傾向として、

「桜」 が長く楽しめます… と天気予報で言ってました。


それはありがたい。


桜が咲くまで、もうカウントダウンに入っていますが、

桜の前に、我が焙煎工房 の庭に咲いている 白蓮 は只今満開です。

木蓮

白く大きな花弁は、昨日の大風でたくさん散ってしまいましたが、

そんな散ってしまった花弁を見てふと想い出しました…


「今を盛りと咲く花よりも、華は散り際が美しい」


これは、昔のお正月ドラマ 「忠臣蔵」 (主演 里見浩太郎) で、

大奥留守居番 梶川与惣兵衛(竹脇無我)が、赤穂藩主 浅野内匠頭(風間杜夫) の

切腹前にかけた言葉です。


「花は散り際が美しい」 ってところがインパクト強くて今でも覚えています。


そして内匠頭 辞世の句 が

「風さそう 花よりもなお 我はまた 春の名残を いかにとやせん」

今年の春も名残を残さないよう満喫したいものです。










にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント