2012/04/21

上げ足とって申し訳ありませんが…

懇意にしている友人から、4月20日のS新聞の写メが送られてきました。

珈琲の教室を開催している事を知ってくれているので、

参考になればと、わざわざ知らせてくれたのでしょう。

CAS6P5AR.jpg K氏 ありがとう!

ご覧になった方も多いと思うのですが、少々手直しさせていただきたく…。


記事の 「沸騰させてカルキ臭を抜く」  まぁこれはイイでしょう。

ちょっと疑問に思ったのは、

「粉なし状態で湯を通す」「10秒蒸らし粉膨らます」 というふたつ。


「粉なし状態で湯を通す」 というのは、コーヒーの粉をセットする前に

ペーパーだけにお湯をかけて、紙の臭いを取りましょう というモノ。

ひと昔前のペーパーは、塩素漂白だったりで臭気も気になったりしました。


また、みさらし(茶色)ペーパーだと紙に微量のニオイが残っています。

なのでドリップの前に、一度お湯を通すことで臭いを溶かし出し

コーヒーを淹れるという手順が推奨されていました。



しかしこの頃は、例え¥100均の製品でも、メーカーの技術も向上したのか

ほとんど臭気は気にならないと思います。


白いペーパーは、現在ほとんど酸素漂白です。

酸素漂白フィルターなら、湯通しするしないに関係なく

臭いは気にならなくなりました。

ペーパーフィルターは昔と今で同じでも、技術革新で進歩しています。


それに、ドリッパーの内側には 「リブ」 と呼ばれる溝がありますが、

粉なしで湯を通すと…

2012_0421_090725-CIMG0190_convert_20120421091855.jpg ベタっと張り付いてしまいます。

という事は、このリブが上手く機能しないので、コーヒーエキス抽出 を考えると

湯通しすることは 微妙 です。



そして 「10秒蒸らし粉膨らます」 というモノは…

ずばりユーザーが 「粉」 の状態の商品を購入しているから10秒なのですが、

10秒は長いと思います。

現実は、まるで砂にお水を注ぐが如くでそんなに膨らみません。


えっ 何故?


それは、粉の状態で購入したコーヒーを淹れた時のお話しだからです。

豆からの挽きたては、10秒どころか20~30秒は膨らみます。

2012_0421_091718-CIMG0196_convert_20120421094249.jpg

知っていて欲しいのは…

日本の場合、市販されているレギュラーコーヒーの7割~8割は

「粉」 で売られています。

なので、「10秒蒸らす」 になってしまうんでしょう…

コーヒーは 「豆」 で購入しましょう! と書いて欲しかったなぁ


2012_0421_091551-CIMG0195_convert_20120421094356.jpg

↑ これまた気になるのが右の写真の解説です。

「お湯は一気に注ぎ、足さないのがコツ」 


おいおい!


これは、ドリッパーの穴の数や大きさによって

それぞれのメーカー推奨の 「淹れ方」 というモノがあるので、

そちらを参照していただき、記事は無視してください。

唯一、ホロするとすれば、「メリタ式」 のひとつ穴ドリッパーで

抽出する場合は、これでもOKです。


取材先が、超大手メーカーの広報担当者で、

しかも、社内でコーヒー名人と言われている人だとか…。

記事の内容は決して間違ってはいませんが、全くこの通りだ! とも言い切れません。

コーヒーだけではなく、あらゆる口にするモノ、体内に取り入れるモノは

ユーザー側もきちんと知識を付けないと駄目だという事を

あらためて感じさせられました。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

同様に感じてました

昨日(4/20)の新聞記事ですね。

私もこの新聞の読者なので、この記事を読みましたが、
書かれている内容には大いに疑問を感じて、興味津々でした。
正直、半分ぐらいしか参考にならない感じがしました。

ペーパーフィルターの紙臭さ、気になったことありませんねぇ。

あと、ふと気づいたのは、この写真の細口ポットは、私が以前に使っていたのと全く同じです。
(現在は、某業務用のポットを使用してます)

No title

ちゅうげんさん いつもどうもです。
ホントはもう少しキツイ記事にしたかったんですが…。

超大手珈琲企業の広報さんが悪いのか
取材した記者の書き方が悪いのか
いずれにせよ、新聞の記事なのでもっと信憑性の高い内容に
して欲しかったですね。
こんなだから、間違った情報や蘊蓄がまかり通るんだと…

No title

この新聞記事を読んで違和感を感じたのは、ペーパーフィルターでドリップする場合の
道具の種類、豆の鮮度や種類、煎り加減、挽き加減、分量等については、
全く触れられて無くて、レギュラーコーヒーのもっと重要な部分、根本的な部分が、
どこか置き去りにされてるみたいで…。
中途半端な取り上げ方というか残念に感じましたね。

トラックバック

まとめteみた.【上げ足とって申し訳ありませんが…】

懇意にしている友人から、4月20日のS新聞の写メが送られてきました。珈琲の教室を開催している事を知ってくれているので、参考になればと、わざわざ知らせてくれたのでしょう。K氏ありがとう!ご覧になった方も多いと思うのですが、少々手直しさせていただきたく…。記事?...