2012/07/05

テーブルマナー の中の 「コーヒーの飲み方」

珈琲教室で、時々質問されることのなかに

カップとティースプンのセット(置き方)のことがあります。


1.jpg

↑ 砂糖を入れ、左手で カップ を固定、右手でスプンを持ってかき混ぜる

らしい…。

なので、この写真のセット方法が一番ポピュラーなのだ! と思ってた。



ちょっと古いのですが、

手元にある 1998年発行の 「フードコーディネーター教本」 柴田書店刊 の

テーブルマナー の中の 「コーヒーの飲み方」 の中には、


『コーヒーに砂糖を入れ、スプンでかき混ぜながらとかし、ミルクを入れる。
終わったらスプンはカップの向こうに置く。
カップはお皿の上で回し、取っ手を右にして右手で飲む』


とあります。

なので、このセッティングで間違いは無いのですが

テーブルマナー といえば 超一流ホテル!!  ということで色々調べると、

ホテルオークラ、ホテルニューオータニ、帝国ホテル

それぞれで微妙に違うみたいで、

カップの取っ手が右、スプンも右に というホテルもあるようです。


右利きの人が多いのでこういうことになるのでしょうが、

それ故に、左利きの人 には 全く逆方法で提供することも

ある意味 サービス になるのでは? と考えてしまいます。


それに、イベントなどで コーヒー をお出ししに行くと、

ミルク、砂糖を入れる方は、全体の1/4くらい と驚きの少なさ。

スプンはセットせずに提する時代が来るかもしれませんね…。


飲む人が違和感なく、心地よく召し上がることが出来たなら

カタチにはこだわらなくても良い ということでしょうか…












にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは。

新入社員の若い娘さんが、会社でお客さんにコーヒーをお出しするのに、セットの仕方が解らなかった、とそのお母さんからききました。
今の子はスタバなどの紙コップでしか飲んでないので、いわゆる喫茶店 を知りません。で いざというときスプーンはどうすんの?砂糖は?とあたふたしたようです。家ではマグだったそうで。
今は親戚のおうちにおじゃまするなんてことも、昔それが娯楽の一環だった頃のように多くなくなったのでコーヒーを出してもらう機会も少なそうです。
若い子達は缶コーヒーやペットボトルをぶら下げ、友人宅へおじゃまするんでしょうね・・・。

ソーサーってしってるかなあ~。沖縄のおきものじゃないで!←ひとりごと。i-229
(それはシーサーや!ってつっこんでくださいました?)i-236

どうも!

てのりぱんださん いつもどうもです。

紙コップにペットボトル… 時代ですね。
日常の中でのそれは、手軽で便利なのでイイと思うのですが、
「飲む」という作業だけじゃなくて、空間だとか、音だとか、匂いだとか…
飲んでいる時間も楽しむってことに気づいて、
お気に入りのカップ&ソーサーで、好きな音楽聴きながらお茶する人が、
ほんの一握りでも出てくると思うし、それでイイのかなとも思います。

てのりぱんださんとは世代が同じなのですかね?
感覚が良く似てるので、嬉しくなりますe-257

ティースプーンとコーヒースプーン…

どうもです。

一応、私も珈琲、紅茶、製菓、調理etcについて、
基本的な部分を、某飲食店経営の学校で習った者ですが、
マナーについては、そんなに詳しくありませんが、、、
ちらっと気になったこと、

それは…

・珈琲には、「コーヒーカップ&ソーサー、コーヒースプーン」
・紅茶には、「ティーカップ&ソーサー、ティースプーン」


 …なんですね。

ティースプーンは、一般的にコーヒースプーンよりも一回り大きいサイズのスプーンで、
茶葉を量る際に「ティースプーン1杯」というふうに言いますね。
コーヒースプーンで分量を量るのは、インスタントコーヒーを飲む時ぐらいでしょうか…。

ティースプーンとコーヒースプーン、元々、それぞれの歴史の中で
サイズとか用途が分かれたのかも知れません。

カフェや喫茶店などで、高級ブランド物のカップ&ソーサーで
珈琲や紅茶を提供してくれるお店もありますが、特に高級な食器でなくても
カップやスプーンの種類や用途を、さりげなく自然に使い分けてるお店は、一流ですね。

ありがとうございます

ちゅうげんさん 

ずっと前にハワイコナの件でコメント頂いた時もそうでしたが勉強になります e-466
コーヒースプンとティースプンとの分類があることすら知りませんでした。
メーカーのデザインでサイズが微妙に違うくらいとしか認識してませんでした…。
ステンレス製が多いので、スプン裏面に記載してある 18-12 18-10 18-8 で
あっ、ここはイイのを使ってる! くらいしか見てませんでしたよ…

いつも補足的なコメントありがとうございます。

STAINLESS

そうでしたか…
実は、私も学校での紅茶の授業で聞くまで、スプーンの違いは、考えたこともありませんでした(^_^;)
でも例えば、現役バリバリのプロの料理人でも、スプーンの違いをご存知な方は少ない様ですよ。

私は、一応、自宅で飲む珈琲と紅茶用にコーヒースプーンとティースプーンを揃えていて、
カップは、国産のまあまあそこそこの高級ブランドのカップ&ソーサーですが、
実は、珈琲と紅茶兼用のカップだったりします(^_^;)

ところで、ステンレス製品に表示されている18-12 18-10 18-8の数字は、
確かステンレスの素材に含まれるクロムとニッケルの含有率ですね。

私は以前、アーク溶接の産業用ロボットの開発に関わる仕事をしていて、
鉄やアルミ、ステンレスの溶接実験なんかをよくやってましたので…
ステンレスは、鉄とクロムとニッケルが主な素材で、ニッケルの含有率が高いほど、
錆や変形に強い素材になり、値段も高くなる…とか、業務知識として教わったことがあります。

私が自宅でケーキ作りなどに使うステンレス製の深型ボールなどは、18-8のステンレスですが、
100円ショップで間に合わせに買ったステンレス製のスプーンやフォーク、小型のボール等は、
「18-0 STAINLESS」と刻印がしてありまして…つまり鉄とクロムのみニッケル無しです。

まぁ、日常生活には特に問題ないんですが、ステンレスの表示のことを知ってからは、
機会あれば、せめて18-8のスプーンやフォークが欲しいなと思いました^^;

普段、なんとなく目にする物いろいろあって、見逃してしまいがちですが、
少し追求してみると、それぞれ必ず意味や理由があるわけで、面白いですね。

ですよね…

そうなんですよ…
普通に身のまわりにあるものに、ちょっと疑問符を投げかけたら
奥深い事や、へ~ みたいな発見がたくさんありますよね。

ステンレスのネタは、誰かと外でお茶した時に良く使いますe-257
テーブル小ネタって結構評判が良いのですが、
悲しいかな、紙コップが多くなってきて、その機会も少なくなってきました…

トラックバック

まとめtyaiました【テーブルマナー の中の 「コーヒーの飲み方」】

珈琲教室で、時々質問されることのなかにカップとティースプンのセット(置き方)のことがあります。↑ 砂糖を入れ、左手で カップ を固定、右手でスプンを持ってかき混ぜるらしい